スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行りに便乗して 

最近あちこちでTA06の話を聞くようになってきて結構イイとの事なんで、その流行りに便乗しようとウチで放置されてるTRF414Mを引っ張り出してみました。



モーター位置はTA06よりやや前寄り。バッテリーも横積みですが似た様なレイアウトですし。

しかし12年前のハイエンドシャーシとはいえツーリング用ですからステアリングの切れ角が全くもって足りない状態。現状ではこんなモンです。



そこで切れ角アップ作戦。
まずステアリングワイパーを外して裏組してみようと考えましたが構造的に無意味で止め。
そこでアップライトのタイロッド取付位置を更に前側に追加しました。



更にアップライトとCハブの干渉部分を削ります。



ここまで加工してもコレだけしか切れません(´・ω・`)



カウンター走行時の外側の切れ角が少し上がった程度。好みのアッカーマンにはなりましたが、もう少し切れ角があった方が余裕があってイイですよね(´・ω・`)

とりあえずこの状態で走らせてみるかな?

それとケツカキ比もフロントのデフプーリーを36Tに変更してチョイカキ仕様にしてみました。
後はメカ積みを残すのみ。

以前より上手く走らせる事が出来るかな?

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/1030-be472121

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。