スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンバ完了。 

スパイスのSRD-01R2Hobbiesのカーボンシャーシをコンバした後の報告です。
コンバ作業は一筋縄では行きませんでした。

コンバ完了!

途中経過で書いた内容と重複しますが、問題点は下記の通り。

・ステアリングポストが同梱されていない
 (TA05用を流用して対応。詳細はコチラ。)
・サーボステー用ビス穴の位置がズレて長穴加工が必要
・純正メカデッキの固定位置が間違っていて使えない
 (アンプは両面テープ等で固定する事に)
・アッパーデッキがアッパーアームと干渉する場合がある
 (削って対処する必要があり)

こんな感じですが加工すれば使える程度の問題だったので値段で妥協出来るギリギリのラインと言えるでしょうか。現時点では正直いい印象はありません。

前後に分けて撮影した画像です。
まずはフロント側。

フロント側。

純正の樹脂製モーターバルクからアルミ製に変更となり、センターシャフトの支持精度が高くなりました。ベアリングへの負荷も幾分軽減されることでしょう。ただ残念なのはステアリング周り。ここまで来るとアルミ製ステアリングクランクが欲しくなりますね。
今度はリア側。

リア側。

こっちは特に不具合は無かったです。

で、先日の闇練で5分ほど試走しましたが、カーボンシャーシになった事で剛性が上がったことからシャーシロールが減りリアのトラクションが減ったような感じを受けました。その分シャープに動くとも言え、どうセットアップするかがポイントでしょうか。

次の機会にしっかり走りこんでみたいと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/1013-c2673574

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。