スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンコンバなう。 

少し前にR2Hobbiesで購入していたSRD-01向けカーボンコンバキットを組み始めたんですが・・・やはり中華製。一筋縄ではいきません(;´Д`)

まずステア周り。
純正パーツはフロントアッパーデッキに樹脂製ポストが付いているのに対し、R2Hobbiesのカーボンコンバキットにはステアポストがありません。それらしきアルミパーツは付属していましたが、サイズが合わずガタガタでビス穴も片側にしか無く使えません。

フロントアッパーデッキの比較。

で今回は工具箱を漁ってTA05用ステアポストを流用することに。
長さが少し長いですが何とか使えそうです。

TA05用ステアポストを流用。

ステアポストが長かった分は樹脂製スペーサーを入れてイイ感じに調整。
動きもスムーズになりました。

樹脂製スペーサーを入れて対処。

その他の部分については概ね問題ないものの、アンプを乗せる薄いメカデッキの固定ビス穴がロアデッキに空いてませんでした。代わりにモーターの横にそれらしき小さなビス穴が・・・完全に設計ミスですね。
ここは諦めて両面テープで固定するかな。

で現状ここまで。

現状ここまで。

センターシャフトのベアリングが駄目になっていたのでここで作業中断。
樹脂製モーターバルクの歪が影響していたようです。
今回のコンバでアルミモーターバルクに変わるのでその効果も期待したいですね。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rcdrift.blog83.fc2.com/tb.php/1010-97b6f34d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。