スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回トリックマスター杯に参戦。 

先日6月27日はラジコン天国南茨木店にて開催された第5回トリックマスター杯に参戦してきました。

この日に限って嫁予選はアッサリ通過。
聞けば当日娘の友達宅でBBQパーティーがあるらしく俺はハナから邪魔者だったようで・・・好都合でしたがちょっと寂しかったり(;^ω^)

頑張って10時過ぎに入店し受付するもピットは半分以上埋まっている盛況ぶり。
エントリー番号は23番。エントリーシートに記入し、とりあえずスクエアドリフトコンバージョンSPにて練習スペースにて走行してみます。実はスクドリコンバSPでカーペット路面は初めての走行。
フラップコンバの時と比べながら走行して見るも・・・悪くない。むしろ扱いやすく、若干フロントタイヤの掛かりが悪くカウンター量は少なめだが動き自体は悪くない。
試しにフラップコンバも持ち出し試走して見るも・・・フロントワンウェイが滑ったまんまでした(;^ω^)
結局スクドリコンバSPにて参戦決定。ゼッケンをペタリ。

ピットにて。

その後ドラミが行われるとの事でシャーシを持って集合。
今回の参加人数は40名と以前参加した第3回の時よりやや少なめ。

ドラミの集合写真。

今回のコースレイアウトはレイアウトそのものは特別難しいようには思わなかったんだけどクリップの位置がいやらしい場所にあり難易度は高めの印象。特に1クリから2クリの「飛ばし」と4クリの「転がし」がキモかな。

練習走行は7台ずつで5分間。
この間にコースの感覚を掴もうとするも、練習走行の時点から緊張して思い通りに動いてくれない。
カーペット路面が2ヶ月ぶりでカーペット路面の「握ると前に出る」事になかなか体が反応せずクリップに寄せきれない。終盤にようやくリズムを掴みかけたが安定して走れるレベルには程遠く今回もヤバイ空気が・・・。

で予選。単走連続2本。
予選の内容についてはTEAM ZEROのくろめさんが動画撮影してくれた為、動画をご覧下さい。



振り返ってみるとやっぱり握りすぎて2クリに届いてない・・・。
1本目の3クリ後のクラッシュが尾を引いて2本目に引きずってこの始末です(´・ω・`)
前回は予選で2本ともスピンしポイント獲得出来なかったんですが今回もこの結果じゃCメイン逝きか?

予選が終わり昼飯タイム。
さっさとラムーで買った弁当を食べて練習走行。と言うか参加者の皆さんとガブガブ追走して遊んでました。
すると予選結果の発表。聞けば下位は接戦だったようでCクラスは全員再度単走1本を走り、上位3名がBメインに上がれるという敗者復活戦が行われるとの事。
これに最後の望みを掛け頑張ったところ、2位に食い込む事が出来、Bクラスへ昇格出来ましたヽ(´ー`)ノ
名前を呼ばれた瞬間、とっさに取った小さめのガッツポーズを棟梁さんに目撃されてたのが少し恥ずかしかったですがホントに嬉しかったです(;^ω^)

でBメインは追走トーナメント。
初戦のお相手は本店難民組のかつまめさん・・・勝てる気がしない(;^ω^)
ま、ここは胸を借りるつもりで。
俺の後追いスタートでまず練習走行。練習だからとガツガツ逝ったれ!と思ったら・・・ガツガツ当てちゃいました(;・∀・)スンマセン
気を取り直して本番。頑張って追っかけていくも頑張りすぎてぶつけてしまい10:0。
俺の先行でかつまめさんがスピンしない限り勝てない状況になってしまいましたが、かつまめさんがスピンする訳もなくアッサリ1回戦敗退となりました(´・ω・`)

今回ギリギリながらもBメインに残る事が出来、当初の目標は達成されましたが、やっぱり駄目なモノは駄目ですな。かつまめさんとの追走時、思いっきり手が震えてましたもん。まだまだ楽しんで走れるレベルには程遠いです。

ここで緊張からようやく解放された為、峠コースでマッタリ走行してみたり顔見知りの方々の走りを見学してみたり。やっぱ上位に上がってくる人達の集中力は凄いですねぇ。走り込みの差もあるんでしょうがホント感心します。

表彰式終了後、ジャンケン大会があり、3回目あたりで勝利出来、トリックマスターの3度をゲット♪
これを次回フロントに履かせればもう少しカウンターも当たるかな?

その後はフリー走行を1時間半程走らせましたが、緊張から解放された為か良い感じに走れるんですよね。これが面白くもあり悔しくもあり・・・(;^ω^)
途中からRC-ARTサポートドライバーのセイケさんの後ろを勝手に追い掛けて勉強させて頂きました。やっぱ上手い人の後ろは勉強になるし何より走りやすい。帰り際に声を掛けようとしたんですが、意外と?人見知りしちゃうんで結局声を掛けられず・・・スンマセン。次は必ずお声を掛けさせて頂きますm(_ _)m

次回のトリックマスター杯は7月25日らしいですが、それまでにメンタル面を鍛え直す事が出来るかな?
っとその前に嫁予選もあるんだった・・・今から嫁さんにゴマ擦らなきゃ。

最後になりましたが当日御一緒した皆様、司会・進行のヒロシさん・イダッチさん、お疲れ様でした。
動画撮影してくれたくろめさん、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

ZEROでガッツリ。 

先日6月26日は恒例の闇練を予定していましたが、またしても雨。
と言う事で2週連続でD-STAGE ZEROにお邪魔してきました。

現地到着時点で8名程走行していて時間の割に盛り上がっている様子。
俺も速効で準備をしてスクエアドリフトコンバージョンSPにてコースイン。
先週走らせた感覚が残っているので割と早い段階でしっかり走れるようになってきたが、若干フロントの転がりが悪いような感じ。プロポを弄って微調整し良いところを探し周回を重ねます。

ZEROのピットにて。

そうこうしてるといつものメンバーも来て更に賑わってきました。
そんな中、途中から見慣れない方が1人で来られました。
案外人見知りだったりする俺はそのまま走らせ続けてたんですが、他のメンバーが話してるうちに呼ばれたんでご挨拶。聞けば俺と同じスクエアドリフトコンバージョンSPを使用しているとの事。
ボディにはどこかで見覚えのあるバイナル・・・NA+RCdriftのモシャさんでした。

今回初めてお会いしたんですが、同じシャーシを使っている事もあって意気投合し色々お話を伺えました。その後お互いのシャーシを乗り比べてみたり。モシャさんのスクドリコンバSPは安定してるんだけどアンダーが強め。あとニュートラルブレーキが強いのかコーナー終盤でもう一息転がって欲しい場面で止まってしまう事もありスロットル操作がシビアな印象。でもしばらく乗ると慣れてきて結構攻められる感じが面白かったですね。

モシャさんと。

そこからはモシャさんとふたりでガブガブ追走。
シャーシが同じなモンで合わせやすいのか初めて御一緒する割には車間の少ない追走が出来、前から後ろからとお腹いっぱいになる事が出来ました(*´д`*)ハァハァ

終盤はタイヤが極限までヘタってしまいホイールが接地してました(;^ω^)

今度は俺が艶美会にお邪魔しに行かなきゃ。
モシャさん並びに当日御一緒した皆さん、お疲れ様でしたヽ(´ー`)ノ

関連記事

先日のZEROプチドリミ動画。 

先週のZERO走行会で行われたプチドリミの1回戦をブルーさんが撮影してくれていた為、お願いしてyoutubeにうpしてもらいましたのでうp。

練習走行から1本目。



サドンデス。



振りかえってみるとラオウさんのミスがなければ勝てなかった内容ですねぇ。
良い勝負だったと思います。

さ、今晩も・・・(・∀・)ニヤニヤr

関連記事

遂にHPIからハチロク2ドアトレノが! 

さっき大阪プラスティックモデルのブログを見て知ったんですが、HPIから待望のハチロク2ドアトレノが7月に発売されるようです。

HPI製 ハチロク 2ドアトレノ


詳細はこちらから確認できます(PDFファイル)

注目は「リトラクタブルライトを再現する別体のライトバケット」でしょうか。
リトラオープン状態が気軽に楽しめるのは嬉しいところ。
フォルムも純正ぽく、ストリート仕様に塗って楽しむのがイイでしょうね。

こりゃ出たら1枚買お。

関連記事

日本勝ったね! 

W杯。デンマークに勝っちゃいましたねぇ。
昨日は仕事が忙しすぎて疲れてリアルタイムには見れませんでしたが、朝携帯でニュースチェックしてビックリ。
今出社してyoutubeで動画探してみてました。



本田・遠藤のフリーキックは凄すぎ。
1点入れられたのもPKで一度は止めてるんだから仕方なしと言った感じ?
しかし日本よくやったねぇ。ひとまずお疲れ様でした。


開催前は俺も3連敗と思ってた口です(;^ω^)ゴメン

関連記事

SPICEがスポンサーに。 

最近更新してないサイトなんですが、twitterでフォロー頂いたのをきっかけにSPICEさんに当サイトのスポンサーとなっていただく事になりました。

SPICEさん

現在上記バナーをサイトトップページの最上段に貼っております。
SPICEさんは以前からMシャーシ用のボディやタイヤの企画・販売を手掛けておられましたが、1/10用ボディやドリフトタイヤにも力を入れていくとのお話で今後が非常に楽しみです。

実は昨日、SPICEさんの代表・磯谷さんが大阪に来られるとの事で時間を都合し、小一時間程お会いしてお話しさせて頂いたんですが、色々興味深いお話を聞かせて頂きました。
先日よりSPICEさんより発売されたKP61ボディ。気付いている方も多いと思いますが、以前はTamTamさんから販売されておりました。この辺の事を聞いてみると、SPICEさんは元々TamTamさんから派生したサードパーティとの事で横の繋がりがあったの事。KP61ボディは各ショップからの販売依頼が多かった事もありSPICEさんがTOYOTAの公認を取った上で販売したという経緯があったようです。但し他の商品についてはTamTamさんとは関係なくSPICEさん独自の製品開発とのお話でした。

SPICEさんは磯谷さんともう1人のスタッフで運営されていてRCパーツ以外の事業もお忙しいようですが、磯谷さんは品質に対して拘りがあるようでパーツ製作先に実車の製作に携わっている所に依頼したりして他のRCメーカーさんと、少しでも違った試みをしてみようと思っているとの事。その拘りは販売されているボディは全て実車メーカー公認だったりする事からも納得です。

今後の商品展開についても色々お聞きしましたが、現時点では公表出来ない話も多く詳しい事は書けませんがミニ用ボディを1つと1/10用ボディを1つ企画中との事。また1/10用ドリフトタイヤについても某有名人とのコラボ企画を勧めている最中とかで非常に興味深いところ。1/10用ドリフトタイヤとして既に「高扁平引っ張りドリフトタイヤ」を販売されていますが、どういったモノに仕上がってくるのか楽しみです。

また聞いて驚いたのが磯谷さん自身、ラジコンをしないんだとか(;^ω^)
その為、商品開発はユーザーからの声を大切にし企画に生かしているとの事。
アルトワークスボディも某ショップのお客さんからの提案で製作したとの話も。
今後「ラジコンでドリフト!SNS」内でのアンケートなどから商品開発に繋がれば面白いかなという話までしてきました( ̄ー ̄)ニヤリ

SPICEさんのアルトワークス。
※画像はSNS参加者RX-Rさん製作のSPICE製アルトワークスボディ

と言う事で今後SPICEさんと良い関係を築けるよう頑張ってサイト更新しようと誓うのであった・・・。

関連記事

K.O.G主催の走行会(ZERO編) 

6月19日、ブレスアリーナでの走行を終え自宅までかっ飛ばして子供達の世話をし寝かしつけた後、D-STAGE ZEROでの2次会?に合流。

現地到着は23時ちょっと前でしたがシロチチさん御一行以外にも常連さんが何人か居て大盛況。
ここでもコッソリ準備を行いコースインしSNSメンバーを追い掛けます(w

コース上にはつい先日設置された立体交差が出来ておりレイアウトも若干変更されています。

レイアウト変更後のZERO

早速立体交差にチャレンジしますが難易度激高!進入ラインが掴めず勢いが付きすぎるとコース奥の外壁にぶつかってしまうし、勢いがないと途中でカメになってしまうし・・・数回挑戦して心が折れました(;^ω^)
そこで立体交差に上がらないでもイケる周回コースにてグルグル周回を重ねます。
ブレスアリーナでも良い感じだったうちのスクドリコンバSPはコッチでも好感触。今まで以上に扱いやすく面白い。誰かの後ろについて走るのも楽で苦手だった切り返しもスムーズ。こりゃ良いわ(*´д`*)ハァハァ

そこでラオウさんと一緒に追走練習を開始。安定して周回してくれるので後追いも楽で走りやすく良い練習が出来ました。その後もお相手を色々替えて追走三昧。

そうこうしていたら人数も9人にまで減った為、プチドリミをしようと言うことに。
東京からお越しのトラさんはお疲れの様子で辞退された為、8名で行う事とし、組み合わせはあみだくじで決めましたが、俺は第一試合でラオウさんとの対戦。さっきまで一緒に練習してただけに手の内もバレバレですがココで勝たないと!と奮起して頑張りました。

俺の後追いからのスタートで先行がラオウさん。
まず1本だけ練習走行を行い、その後前後を入れ替え俺の先行。
どちらも同じところでぶつけてしまい、決め手に欠ける内容だった為、サドンデスへ。
サドンデス2本目。俺の後追い時に何とか寄せきり、ラオウさんが後追いの際にクラッシュしたため勝利!ヽ(´ー`)ノ
この時ホント嬉しかったですね。ここんとこ勝てなかったんで尚更でした。

次の準決勝のお相手はシロチチさん。
こちらでも俺の先行スタートでしたが1本目はどちらも微妙でサドンデスへ。
サドンデスでシロチチさんが自滅して勝ち残りました♪

最後の決勝戦は竹棒さん。宿敵です。
今日の「乗れてる」勢いでやっつけてやろうと思いましたが・・・俺の後追い時にコーナーイン側に突っ込んでしまい自滅・・・負けちゃいました・・・やっぱりいつも通り詰めの甘い俺です(´・ω・`)ショボーン
正直途中までは良い感じでイケるかな?とも思ったんですがね・・・まだまだですな。

奥には立体交差。

プチドリミ終了後、見かねた竹棒さんが俺とゼロスタートでの追走練習に付き合ってくれ、みっちりシゴかれました。お陰で終盤は後追いでもガブガブ寄せる事が出来、プレッシャーに負けなければ勝負になる事を確認させてくれました。今後しばらくは自分との戦いになりそうですがこれが強敵で・・・。

最後帰り間際にブルーさんにお願いして動画撮影してもらいました。
集中力も途切れていてグダってますがコースの雰囲気は伝わるかな?





結局3時過ぎに解散し帰路に就きました。
当日御一緒した皆さん、お疲れ様でした。
俺自身凄く楽しめました。その為、カラミ薄だった人もいらっしゃると思いますがご了承下さいm(_ _)m
また機会があれば御一緒しましょヽ(´ー`)ノ

関連記事

K.O.G主催の走行会(ブレスアリーナ編) 

昨日6月19日にシロチチさん率いるK.O.Gの走行会が行われるのを以前からこっそりSNS内でチェックしており、土曜ながら昼過ぎから夕方までの時間に嫁予選通過出来たのでシロチチさん以外の参加者には内緒で突撃してきました(・∀・)ニヤ

場所は和泉市のラジコン天国和泉店。通称ブレスアリーナ。
関西ラジドリの聖地的サーキットで先日もストリートジャムセッションが行われた場所。
今回初めての走行となりました。
コースレイアウトも先日のストリートジャムセッションのままとの事。

ブレスアリーナ。

自宅から高速をかっ飛ばし1時間程で現地到着。
正直サーキットの入り口が解り辛すぎです(;・∀・)
駐車場でRX-Rさんを確認。挨拶をしながら荷物を下ろしエントリーを済ませてピットへ。
SNS参加者も居るようですが驚かす為にあえてスルーして準備(w

タイヤはストリートジャム製のミディアムが推奨との事でしたが、とりあえず手持ちのASDタイヤにてコースイン。
お、案外逝けそう。若干速度が速いかも?という気もするけど調整可能なレベルなのでこのまま行く事に。

コース上を見渡すとMレーシングの106神様を発見。挨拶をしなきゃヤラれちゃうので速攻で駆けつけご挨拶。すると早速後ろからご指導して頂きました(*´д`*)
初めて走り出した時はドリミでもないのに独特の空気があって異常なまでに緊張してましたが、しばらくしてそれにも慣れ、路面の滑り具合の感覚も掴めたところでシロチチさんに参加者のお名前を確認し、SNS参加者と順次カラみ開始です。

まずは のり さん。同じスクエアドリフトコンバージョンSPで以前からお会いしたかったお方。
とりあえずシャーシを並べて記念撮影。

のりさんのスクドリコンバSPと。

手前が のり さん。アルミパールの蒼さは圧巻です(w
試乗させて頂きましたが足が硬めでやや接地感に欠ける感じでしたがナカナカ良い感じ。
あーだこーだとセッティングについて喋ってしまいました(;^ω^)

次にAZSY君と竹次郎君。AZSY君とはラジ天ATC以来の再会。すっかり今風のコになってましたなぁ(・∀・)ニヤ
TC-Dに試乗させて貰ったけどあと一歩って感じだったね。足回りが煮詰まればもっと走りやすいと思うよ。
竹次郎君とは初対面。殆ど話せなかったけどゴメンね(´・ω・`)

で次は東京からお越しのトラさん。なんでも仕事のついでがあったので参戦との事。
当然初めてブレスを走行されたんですが上手かったです。普段はカーペット路面ばかりとの事で戸惑いもあったでしょうに・・・次の機会があればカーペット路面のサーキットでガッツリ逝きたいですね。試乗させて貰ったCE-Rの動きも良い感じでしたよ!

次は名古屋からお越しのシルドリさん。挨拶+α程度のお話しか出来ませんでした・・・申し訳ない。走るのに夢中だったんで時間が足りませんでした(w

彦兵衛さんはいつも通りの変態マシンでグダってましたね(・∀・)ニヤニヤ
みっくん、殆ど話せなくてゴメンね。また彦さんに連れてきて貰って(w

最後にシロチチさん。流石はホームコース。以前のZEROでのグダりっぷりは何処へやら。ガッツリ遊んで頂きました。またブレスに行きますんで次もヨロシクです(=゚ω゚)ノ

結局2時間程の走行で終了とし、皆さんは奈良のD-STAGE ZEROへ移動。俺は深夜に再会を約束し自宅に戻ることに。
ちなみに俺自身の走りについても書いておきますが、事前のメンテや先週からのセッティング変更が効いていたのか良い感じに走れ大満足♪106神様にも試乗して頂きましたが好評を頂けたので後は俺の腕次第な様子。
コースレイアウトも長いストレートからの切り返しが難しいながらも楽しく走れ、路面の滑り具合も好みでまた折を見て走りに来たいと思います。

ブレス走行画像。
※画像はAZSY君撮影

K.O.G走行会の前半戦はこれで終了。
後半戦はまた後程。

関連記事

昨夜の作業。 

帰宅途中に携帯から投稿してみる。

昨夜は息子も早く寝たので頑張ってスクエアドリフトコンバージョンSPのメンテを行いました。

作業内容は下記のとおり。

・フロントユニバの分解清掃
 キュルキュルと油切れの音がするんで。
 分解してみるとこんな感じに摩耗してました。
 切れ角が増えたからユニバの限界を超えてたようで・・・。

ユニバの限界?

・フロントアップライトをTBエボ4用に交換(タミヤ SP.1103 TBエボ4 C部品
 以前はTB03用。キングピンが緩みやすかったのと精度がイマイチだったので。
 TBエボ4用は硬くて頼りがいがあります(*´д`*)ハァハァ

・アップライト内の950ベアリングを交換
 寿命。ヤフオクで買った安いのに交換。

・アップライト内にリバサス用ベアリングスペーサーを組み込み
 精度向上のため。

・フロントサスアームのガタ取り
・フロントアップライトのガタ取り
・ステアリングワイパー~アップライトのターンバックルエンドを交換
 この辺りの作業はフルカウンター時にフロントタイヤがプルプル震えてカッコ悪かったんで。

こんな感じでしたが2時間半近く掛かってしまい寝たのは3時前。
フロントのメンテ完了。

今朝は眠たかった…。

今晩は残ったリア周りのメンテを行う予定。
明日の走行に備えて…( ̄ー ̄)

関連記事

プロポでニュートラルブレーキ調整。 

今日は午後から仕事関係の規則改正説明会に参加してたんですが、終わったのが3時過ぎ。
そのまま直帰したら自宅に着いたのが4時過ぎだったので自宅前で小一時間ほどスクエアドリフトコンバージョンSP type-Sを走らせてました。

その際、調整して変化を確認していたのがプロポでのニュートラルブレーキ調整。
先日のSNSドリフトバトル最終ピリオドの際にGo-genさんに教えて貰ったんですが、BRK-EXPの値を変更するとニュートラルブレーキを調整出来るようになるとの事で実際リアの動きがピーキーだからとGo-genさんはBRK-EXPを-35に設定し俺にプロポを返してくれました。

で、乗ってみるとコレがまた良い感じにリアの動きがマイルドになってました。
ただ変更直後にドリフトバトル開始だった為、悲惨な結果に終わってしまいましたが・・・。

そこで今日はこのBRK-EXPを変更した際の挙動の変化を確認してみました。
まずBRK-EXPを-40にして走行開始。

BRK-EXP調整。

うんうん。やや初期がアンダーな気もするけど挙動がマイルドになったからで全体的な感覚では乗りやすくなり3発振りも浅い角度をキープしたまま加速出来たりと良い感じ。

ここで試しにBRK-EXPを-20まで上げてみた。
するとそれまで通りの操作ではマキマキになってスピンしてしまった(;・∀・)
これほど変化しちゃうとは・・・先週まではBRK-EXPなんて弄ってもなかったくせに(;^ω^)

そこで逆にBRK-EXPを-50まで下げてみると今度はスロットルを抜いた際に低速域で巻いてこず曲がらない車になってしまった。結局最初の-40に戻して納得の動きになりました。

しかしここまでプロポで動きが変わるとは・・・。
今までBRK-EXPを弄ってなかったのが悔やまれます(´・ω・`)
折角の(当時の)ハイエンドプロポも使いこなせなきゃ意味無いですもんね。
でもこれで少々の路面変化にも対応出来そうで。後は走り込んでメンタル面を鍛えるだけかな?

さ、これからベアリング交換でもするかな?

関連記事

今朝の作業。 

今朝は4時前に目が覚めたのでそのままラジ弄りする事に。

まずはトレノボディのリトラクタブルライトの固定。

ライト固定完了!

固定には両面テープとシューグーを併用しライトカバー裏面に貼り付けるような形で固定しました。現状なら開閉式にする事も出来ますが、全開状態で固定してしまう予定。

そうそう。シューグーですが先日楽天で安いのを見つけました。
送料込みで1050円。恐らく最安でしょう。

コロンブスシューグー。

ただね、内容量が100gと以前購入したものと比べ30g少ないんですよね。

内容量100g。

内容量からすると少し割高かもしれませんが、大量に使わない人にはオススメ出来ると思います。




閑話休題。
トレノのライトが固定出来たあとはスクドリコンバSPに使用しているTRFスペシャルダンパーのロアシートにスペーサーリングを取り付けました。

スペーサーリング取付。

取り付けた理由は今使用しているストリートジャムワークススプリングの内径が大きくロアシートから外れてしまう事があった為です。このスペーサーリングを取り付ければこの問題は無事解決。しっかり固定出来ました。

このスペーサーリング、OP.334 ローフリクションダンパーV部品を買えば2つ入ってます。4つ必要なんで2セット購入する必要があります。もちろん新品のTRFダンパーにも付属してますが意外と無くしちゃったりするんですよね。

またスペーサーリングを入れた事により車高が上がりました。
最近車高が下がりすぎて不満だったのでこれでその不満も解消され一石二鳥って感じ(*´Д`)
ただ現状でアッパーシートは一番上になっているため、逆に車高がこれ以上下がりません。
車高を下げるにはダンパー内にスペーサーを入れて調整する必要がありそうです。
でもフロントが7ミリ程度なのでこれを基準にリアを合わせれば良いだけで問題なさそうです。

さ、今晩は注文していたベアリングも届いた事だししっかりメンテしてやるか。

関連記事

第1回SNSドリフトバトル 最終ピリオド結果 

昨日6月12日深夜に行われたSNSドリフトバトル最終ピリオドの結果報告です。

今回は以前も使用したことのある大阪某所の別スペースを利用し、やや狭いながらも難易度の高いコースレイアウトでみんな苦戦気味でした。

今回参加したのは6名。最終ピリオドなのでもっと集まるかと思いましたが大阪での開催なのと各人の都合が付かなかったようで少ないですがこのまま開催することに。

1時間程フリー走行を行い予選開始。
この日、全くと言って良いほど乗れてなかった俺の結果は最下位の15回。
タイヤを裏組みして参加していた為、当たりが適切じゃなかった事に加え、フリー走行時にGo-genさんがプロポを弄ったまま走らせていた為、いつも以上にグダってしまい情けない結果に(´・ω・`)

んで決勝トーナメント。
初戦はGo-genさん。
俺の後追いからのスタートでしたが、ストレートで姿勢を崩しそのままコースアウト orz
先行時もまともに走ることが出来ず文句なしの負けでした(;^ω^)

結果はと言うと、Go-genさんがそのまま勝ち上がって優勝。(画像中央)

SNSドリフトバトル最終ピリオド上位3名

2位はラオウさん(画像右側)で3位がまなぶ(画像右側)と言う順位になりました。
集合写真。

SNSドリフトバトル最終ピリオド集合写真

ドリミ終了後はフリー走行でしたが、この時点でようやくコースをまともに周回出来るようになり、Go-genさんが弄ったプロポでの乗り方も身に付き、良い感じになってきました。
途中、みんなの提案でジュースバトルを行うことに。2チームに分かれタイマン追走バトルを行い勝ち星の多いチームが勝利という方式。ここで俺はトヨさんとの対戦でしたが、後追い時にバッチリ寄せることが出来、勝利出来ました♪
みんなにも良い感じだったと言われ上機嫌。チームも無事勝つことが出来、美味しいコーヒーを頂けました。

今回初参加の棟梁さんもフリー走行で一緒に走行しましたが、難易度の高いコースだった為に最初は手こずられてましたが終盤は結構良い感じでしたね。また機会があれば御一緒しましょう♪

最終的に4時前まで走らせ、片付けた後しばしダベって解散。
今回で第1回SNSドリフトバトルが終了しポイントランキングも集結となります。
最終結果は後程公開しますが、第2回SNSドリフトバトルは7月からのスタートで調整しようと思いますので参加予定の方は宜しくお願いします。

関連記事

新作ステッカー。 

息子も昼寝したんで時間を持て余してたもんでステッカーの新しいデザインのものを作ってみた。




スタバ風。
ま、元はSNS関東メンバーが作ってたのを真似しただけなんですがね。

結構手間が掛かってます。
大きさは大きい方が8センチ、小さい方が4センチ。もう少し小さくカット出来ればなぁ…

関連記事

自家塗装。 

先週より投入しているパルのスライドマスターFM

スライドマスターFMを自家塗装。

これ実は白の無塗装品を自分で塗装しました(・∀・)
結構綺麗に塗装出来てるでしょ?

使った塗料はこちら。

使用した塗料。

リム部分のシルバーはホームセンターのコーナンで売ってた198円のラッカースプレー。
メッシュ部分のゴールドはタミヤアクリルカラーのX-12ゴールドリーフ。これを筆で塗りました。
先にラッカースプレーで全体を2回塗装してからメッシュ部分を塗りました。
このラッカースプレー、198円の割に発色も良くてオススメです。
スライドマスターFMは無塗装品の場合、塗装済みのものの約半額で売られていますんで自家塗装するとお得ですよ。塗料は1回買えば相当量のホイールを塗装出来ますしね(w

もう1セット買い足そうかな?


関連記事

ダンパーって奥深いねぇ。(プリロードのお話) 

自他共に認める2ちゃんねらの私ですが、今日もいつものようにRC板を覗いてたんですよ。

その中の「☆ラジコン雑誌を語るスレ☆8冊目」が読んでて凄く為になったんでちょっと取り上げてみようと思います。

その内容は先日発売されたRC WORLD7月号の記事にて取り上げられている風間オートサービスから発売予定の全長調整式ダンパーキャップについての議論。
記事とほぼ同じ内容のことが風間オートサービスのブログでも公開されていますが、最初記事を見た時は「こりゃ良いわ」と素直に感心したんですが、「☆ラジコン雑誌を語るスレ☆8冊目」で書かれたレスを見ていくうちに自分のプリロードに関しての知識が間違っていたことに気付きました。

プリロードとはその名の通りダンパースプリングに予め荷重を掛けることを指します。
0G状態でスプリングが縮まるまでスプリングシートを締め込んだ状態がプリロードが掛かった状態で、俺は今までプリロードが掛かった状態ではスプリング本来の性能より硬くなってしまうと思ってました。
しかしこれは間違いなようで、プリロードを掛けたところでスプリングのバネ定数は変わらないので硬くなる訳がないんだそうで。こちらのブログで公開されている自転車のサスペンションとプリロードについての記事がとても参考になりました。要はプリロード調整はプリロード以上の荷重が掛かった際の車高を調整している事と同じなんだそうで。

ラジコンの場合でも同様でリバウンドが確保出来る状態ならプリロードを掛けた場合でもダンパー内のピストンの位置が変わるだけでダンパーが硬くなる訳ではない、変わるのはダンパーシリンダーの使用範囲って事らしい。俺自身もスレ内で書き込んだりして1日ずっと考えた挙げ句ようやく理解出来たかな?という感じなんですが、ホント目から鱗でした。

で、何故、「☆ラジコン雑誌を語るスレ☆8冊目」で話題になっているのかというとRC WORLD7月号の記事や風間オートサービスのブログでの中でプリロードを掛けてしまうとスプリングが硬くなってしまい美味しい部分が使えないという内容で書かれているから。
ブログの方で誰かがコメントにてプリロードの件を突っ込んで書いてますが、どんなコメントが返されるのか少し楽しみだったり。

ただしストリートジャムワークススプリングのような不等長ピッチスプリングの場合はプリロードを掛けすぎると不等長部が先に潰れてしまい本来のスプリングの機能を果たさなくなってしまうので、その場合には風間オートサービスの全長式ダンパーキャップは便利なんじゃないかな?と思ってみたり。でもダンパーエンドを長いものに交換しても同じ効果が得られるんだけどね。

しかしホントダンパーって奥が深いねぇ。
今回「☆ラジコン雑誌を語るスレ☆8冊目」で色々コメント頂いた方々にここで改めて感謝します。

もしこの記事に間違いがあったらツッコミお願いします(;^ω^)

関連記事

俺専用。  



俺専用です。
無断立入禁止ですのでご注意を。



て違いますがね(;^ω^)

ZEROでお世話になってるミドリムシさんからのタレコミです。
奈良某所にある喫茶店らしいです。

場所特定出来た人にはステッカー進呈します(・∀・)

関連記事

二人でまったり。 

先日6月5日深夜の闇練は開催場所の問題もあって結局集まったのは俺とGo-genさんの二人だけでした。

予定時刻に到着し他に誰か来てないか確認するも誰も居ない。
ただ今後の事もあるので使用出来そうな場所を探し、無事定期開催出来そうなスペースを発見。
やや狭いスペースながらも走行に支障無さそうなので練習走行を始めることに。

FC。

事前に交換したストリートジャムワークススプリングハードシリーズの効果がどれほどのモノか。
期待しながら走行開始。
・・・・良いねコレ。以前までの唐突な挙動も解消され素直に動いている感じ。
スプリング交換以外に色々触ったのも影響してるかもしれないけど今まで以上に「ダンパーが仕事してるな」って言う感じ。トラクションの掛かりも良くカウンターも維持しやすくなって好感触。

40分程でGo-genさんも到着し二人でまったり練習開始。
L字型に変化を付けたコースレイアウトですが、コーナー間の距離や配置が絶妙で難しいながらも綺麗に流せた時の達成感は格別で気持ちよく走らせられましたヽ(´ー`)ノ

で、3時頃までまったり走らせて解散。
この場所ならしばらくの間は走らせられそうで今後の闇練・ドリミ開催も何とかなりそうです。

関連記事

ワークススプリングハードセットの比較。 

息子も昼寝してるし外は暑いしで3連チャン投稿です。
これまた先日購入したストリートジャムのワークススプリングセットハードシリーズですが、使用する前にその固さを他のスプリングと比較してみました。

まずタミヤのTRFダンパー用ソフトとワークススプリングのソフトとの比較。

タミヤのソフトとストジャムハードのソフト。

タミヤのソフトが全然ソフトじゃないってのがよく解る画像ですね(w
ちなみに他のワークススプリングと比較したところ、ワークススプリングのハードに近い感じでした。
またタミヤのツーリング用蛍光イエローとワークススプリングのミディアムハードが同程度でした。

今度はスピードワークスの職人技ミディアムとのワークススプリングのソフトとの比較。

職人技ミディアムとストジャムソフト

ワークススプリングのソフトの方が柔らかいようで。
他のものと比較するとミディアムソフトと同じ程度でした。
スピードワークスの職人技ソフトとワークススプリングのソフトで比較すると職人技ソフトの方が柔らかかったです。画像に残さなかったですが参考までに。

とりあえずスクドリ君にフロントにミディアム、リアにソフトを投入してみました。
今晩の闇練でじっくり吟味してこようと思います。

関連記事

アルミサーボセイバーキャップ。 

先日のスーラジへの買い物の際に購入したコチラ。

アルミサーボセイバーキャップ。

スクエアのアルミサーボセイバーキャップ。
これを購入した理由は先の記事を見れば一目稜線かと(;^ω^)

これまたうちのスクドリ君に取付。
一応交換前の画像。

交換前。

で交換後。

交換後。

うん。これで周りとの違和感もなく青くなりました(*´д`*)
値段も安くスクエアさんの商品開発力は流石としか言えませんな。

関連記事

ハイトルクサーボセイバー用アルミホーン 

取り付けたのは結構前になるんですが、ネタにしてなかったので今公開(;^ω^)

うちのスクエアドリフトコンバージョンSP(スクドリ君)にタミヤのハイトルクサーボセイバー用アルミホーンを取り付けました。

ハイトルクサーボセイバー用アルミホーン

と言うのも、うちのスクドリ君に使っているサーボセイバーがTRF414Mから流用した白いものでして、見た目にも違和感がありコレを買っちゃいました。
で交換前の画像。

交換前。

で交換後。

交換後。

うはw 目立たねぇ・・・(;・∀・)
ピロボール取付部だけ交換するんで当然と言えば当然なんですが・・・これじゃ意味無し(w

交換はQ5部品と置き換えるだけ。
パッケージ裏には剛性がアップしダイレクトなステアリングフィールが得られると書いてありますが、俺にはそんな違い解る訳もなく・・・。

パッケージ裏。

ま、自己満足パーツって事で(w

関連記事

整形手術。 

昨日の話ですが早朝から家を出るまでの間に製作中のトレノボディのお目々を整形手術してました。
ま、リトラクタブルを開いただけなんですがね。

まず片側のボディのライトカバー部分をカットして持ち上げ、中身は180SXに付属してて使用しなかったパーツを流用。サクッとカットし合わせてみました。

ヘッドライトオープン。

うん。まずまず。
中身の上端が180SX用なので斜めになっていますがカバーされて見えないので気にならないでしょう。むしろ横の隙間の方が気になりますが・・・ま、こんなモンかな?
で両方ともカットしてマスキングテープで仮付けしてみました。

ライト仮付け。

それっぽくなってきましたねぇ(*´д`*)ハァハァ
で。夜の走行が多いので電飾が必要な為、ライトパーツも合わせて作りました。
と言っても毎度の事ながら配線用カバーを切っただけですがね。

配線用カバーでライトパーツ。

これが幅に合わせただけでほぼピッタリ。良い感じです♪
内側にアルミメッシュテープを貼ってリフレクターのようにしてみました。

アルミテープを貼付。

後は穴を空けてLEDを取り付けるだけ。
あ、LEDの在庫がないわ・・・注文しなきゃ。

ちなみにライトパーツ等の固定はシューグーで行う予定ですが、手持ちのシューグーがもう少しで無くなってしまいそうなので固定は先送りにしました。シューグーも段取りしなきゃ・・・。

関連記事

早速買ってきた。 

思い立ったが吉日。良い事はマネをしよう!と言うことで月曜日にスーラジに行って色々買ってきました。

まずは○走ギア。先の記事でも説明しましたがタミヤ製04モジュールスパーとタミヤ製スチールピニオンのくみあわせの事を巷ではこう呼ぶらしいです(w
で、○走くんは120Tスパー29Tピニオンの組み合わせで使っているようですが、これをそのまま流用するとうちのスクドリコンバSPの場合、リアのプーリー構成が35/18なので最終減速比が約8.05と少しローギアになってしまう為、コチラを購入。

○走ギアセット。

スパーギアは112TのOP-591 04GPスパーギア112T(TA04用)をチョイス。
04 GPスパーギア112T(TA04用)

ピニオンギアは今後のことを考え、26Tから29Tを購入しました。
OP-117 RD 04スチールピニオン(26T,27T)OP-262 04スチールピニオンセット(28T,29T)です。
04スチールピニオン。

これで最終減速比は約8.38から約7.51まで選択出来ます。
○走ギアの良さは茶坊主のもんもさんの日記にも書かれてますのでコチラもチェックしてみて下さい。

他にも色々買っちゃいました。
足回りの見直しを行う上で外せないのがスプリング。そこでこちらを購入。
ストリートジャム ワークススプリングセット ハードシリーズ

ストリートジャムのワークススプリングセットハードシリーズです。
コレを選んだ理由は

 ・バネ長28ミリで車高・ストロークを無理なく確保出来るから
 ・不等長ピッチに萌え
 ・5種類セットなのに案外安い
 ・固さ別に色分けしてあり識別が容易

こんなところでしょうか。これでダンパーセッティングを煮詰めていきたいと思います。

他には・・・
HUDY ワンウェイルーブ
HUDYのワンウェイルーブ。フラップコンバのフロントワンウェイが滑りがちなもんで。

スクエア アルミサーボセイバーキャップ
スクエアのアルミサーボセイバーキャップ。つい手が伸びちゃいました(w

他にもホイールやらネジやらベアリングを買ったらいつの間にか6000円にもなっちゃいました。ラジコンってお金が掛かりますなぁ・・・今回も気付いたらこんな値段に・・・恐ろしい((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

関連記事

スワッピング。 

先日のSNSドリフトバトル終了後、○走くんにうちのスクドリコンバSPを試乗してもらったんですが、その時の回答が要約すると「動きが唐突でリアが安定せずアンダーになったりオーバーになったりする」との事。

 

(´ε`;)ウーン…確かに俺自身もそう思ってました。
スロットルのオイシイ部分をちゃんと使えてるときは良いんですが、少しでも外すとフラフラでリアが出過ぎたり逆にアンダーが出たりと素直な挙動には程遠い感じ。

 

プロポのTH-EXOPを-70程度にしている事もひとつの要因かと思うんですが、それ以前にダンパーのセッティングが駄目ダメなようで・・・この辺はもっともっと煮詰めて行く必要がありそうです。

 

逆に○走くんのOTA-R Ver.銀にも試乗させてもらったんですが、簡単に言えば「素直でスムーズ」。走り出してすぐ自分のスクドリコンバSPには無い安定感を覚え、それでいて扱い易くコントローラブル。パワー的には7.5Tのモーターなので控えめなんだけど、素直なシャーシの挙動のお陰でフロントの転がりが良く、必要以上にスロットルを開ける必要もなくて問題無し。

 

それ以上にスムーズさを覚える要因の一つに○走くんのOTA-R Ver.銀はカナリ静か。
恐らく○走ギアと呼ばれてるタミヤ製TA04用04モジュールの120Tスパータミヤ製のスチール製29Tピニオンを組み合わせているからかと思われます。
音も静かにガッツリカウンターを当てて走っていく様には感動を覚えるほど。
最近巷でもスチール製ピニオンギアが流行ってるとの事・・・ これは俺も真似しないと(w

 

しばらく走らせた後、一度リアのスタビを外して以前の状態に戻してみようとバルクヘッドのスタビホルダーのネジを緩め、スタビをフリーにして走行してみました。
・・・こっちの方が走りやすいかな?リアのピーキーさが幾分マシになったかも。
そもそもスタビを取り付けた理由がシャーシの後端が路面と接触し削れてしまっていたのでロールしすぎと判断したからの事だったんですが、走らせてみたら根本的に車高が足りなかっただけなのかも?と思ってみたり。

 

そんなこんなでドリフトバトル終了後も色々収穫がありました。

これらの事を踏まえ、今後のセッティングに反映出来れば・・・。

関連記事

第1回SNSドリフトバトル 第9ピリオド結果 

先日5月29日深夜に行われたSNSドリフトバトル第9ピリオドの報告です。

 

この日も子供の寝付きが悪かったため、現地到着が23時半となりコース設営が遅くなってしまいました・・・申し訳ない orz
到着して即効でコース設営しながら参加者に挨拶。ん?よく見るとストリートジャムサポートドライバーの○走くんがいらっしゃるじゃないっすか。今回も優勝は出来なさそうです(;^ω^)

 

今回のコースはGo-genさんの提案により小さく浅い三発振りを交え、難易度はやや高め。
練習走行の短い時間ではなかなか攻略出来ずグダりつつも参加者11名で予選開始です。

 

案の定、予選でも微妙にラインを外しクリップに寄せられずイマイチな結果。
順位的には真ん中より後ろあたり?もう忘れちゃった(;^ω^)
ちなみに1位は予想通りの○走くんと大健闘のトヨさんが同率。
で決勝トーナメントのくじ順を決めるべくジャンケンを行い、○走くんが1位になりました。

 

その後決勝トーナメントのクジ引きを行い組み合わせが決定。
俺は1回戦シードを獲得出来たのはいいが対戦相手はハリケーンのけんけんさん。
何度か対戦してますがいつも負けてたような・・・今回はどうなることやら。

 

やや緊張しながら追走スタート。まずは後追いから。
うーん決め手に欠ける走り。こりゃマズイかも。
入れ替えて俺が先行。ここでけんけんさんがミスをやらかしてくれたお陰で何とか勝利。
相手のミスながら勝ち上がれて嬉しい限り(^^;

 

次は準決勝。お相手はラオウさん。
ここからは成層圏のブルーさんが動画撮影してくれていたので動画で報告。

 

1本目は怪しいながらもサドンデスに持ち込めました。
が、2本目の俺が後追い時に良い感じに寄せてたんですが最終コーナーでまさかのコースアウトorz 結局ここで敗退です。

 

その後即座に3位決定戦。お相手はGo-genさん。
ここは何としても勝ってポイント獲得しておきたいところ。
こちらも動画を参照ください。

 

・・・・浅い三発振りが全く出来てませんね。こりゃ駄目だわ(´・ω・`)
この日はシャーシの挙動がピーキーで油断するとすっ飛んでいく感じでした。
もっと煮詰めなきゃダメですな。練習不足ってのもあるんだろうけど。

 

で結果。
優勝したのは予想通り○走くん。(画像中央)流石というか当たり前ですな(w

第9ピリオド 上位3名

2位はラオウさん。今回は相手が悪かったですね(;^ω^)
3位はGo-genさんでした。

 

集合写真。

第9ピリオド 集合写真

終了後、SNS-SSGPを開催しようと思いましたが、バラセル用のヨーロピアンコネクタから2Pコネクタに変換するケーブルを忘れてしまい結局開催出来ず。

 

あとはひたすら走りこんだり○走くんに試乗してもらってアドバイスを貰ったり。
この辺の内容については別途記事にしたいと思います。

 

さてSNSドリフトバトルも残すところあと1回となりました。
次回開催場所がまだ未定なので早くいい場所を見つけないと・・・。
ともあれお疲れ様でした(=゚ω゚)ノ

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。