スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹いっぱい。 

昨夜は大阪某所での闇練でした。

前回大阪での開催時に以前使用していた場所が利用できなくなったため、今回新たな場所探しを行い勇士が集合。
集まったのは最大で5人でしたが、そのひとりが昨年までストリートジャムのワークスドライバーを務めていたチームピンクの○走くん。久々に御一緒する事となり「これは色々とチャンス」と密かに思いながら走行開始。

集合した場所は路面の良いところが狭く本格的なコース設営は困難だった為、細長い8の字状にディッシュパイロンを並べて周回することに。タイヤも塩ビタイヤとしスピードも控えめ。

ただ今回使用した塩ビタイヤが直前に裏組みしたものだったのでしばらくアタリが出るまで速度が速すぎでしたがバッテリー1本消費する頃にはちょうどイイ感じに慣れてきて他の車とのスピードも合うようになってきました。

途中、休憩がてら○走くんの走行を観察 |д゚)
うーん何というか安定感が抜群。あとスロットル操作に無駄が一切無く、殆ど握ってないような感じで走行音もとても静か。しかしカウンターはガッツリ当たっておりフロントタイヤが転がりリアタイヤが巻いてくるスロットル域を完璧に使いこなした走りで感動モノ。俺が以前ブログで「俺的カウンタードリフト理論」と銘打って書いた事を完璧に実行している理想的な走り。見習うところが多すぎ。
最近のサーキットや闇練での走行で付いた「自信」が音を立てて崩れていきました。やっぱ上には上が居るモノですねぇ。

と、落ち込むのも勿体ないので一生懸命○走くんの走りをトレースし少しでも吸収出来ればと無我夢中で追い掛けました。一緒に走るとその凄さは身に染みて実感出来、そのお陰で今後のセッティングの方向性も少し見えてきたような感じで何か掴めたかも?
ここでの走行は1時間程とし、その後程近い別の場所へと移動しました。

竹棒さんと。

次の場所は路面も良く勾配こそあるものの結構広い為、小さめのコースを設営しみんなでグルグル周回を重ねます。
○走くんも他の参加者に合わせて走ってくれた為、終盤には4台がピッタリ連なった走行も瞬間的ではありますが出来るようになり、ホント有意義な練習が出来ました。

当日は熱中して他のもありましたが、気温もそこそこで冷え込みも少なく寒さを感じなかったこともあり解散は午前4時過ぎ。10分程で自宅に着いたんですが、興奮冷めやらずすぐには寝付けませんでした(*´д`*)

いや~ホント楽しかった。

関連記事
スポンサーサイト

リバウンドストロークについて考えてみた。 

さてさて。
昨日は「車高」についてダラダラと書いてみましたが、今回はSNS内でリクエストがあった「リバウンドストローク」について先に書いておこうと思います。

「リバウンドストローク」は一般的にはシャーシ静止状態からシャーシを持ち上げていきタイヤが路面から離れるまでの距離の事を指します。

ダンパーの動きについての俺的に2つのストロークがあると考えてます。
ひとつはシャーシを上から押さえつけた際にダンパーが縮み、元に戻る動作。
もうひとつは静止状態からシャーシを持ち上げた際にダンパーが伸びていく動作。
前者を「縮み側のストローク」、後者を「伸び側のストローク」と考えてます。
「リバウンドストローク」はまさしくこの「伸び側のストローク」なのです。
ここであえて「伸び側のストローク」と言い換えたのにはこれからの説明で解りやすくする為ですのでご了承を。

次に走行中のダンパーの動きからみるダンパーストロークについて。
コーナーリング中のシャーシは慣性力や推進力などにより横向きの荷重が掛かります。
この時ダンパーはコーナー内側では静止状態より伸び、逆にコーナー外側では静止状態より縮む事になります。
この時、どちらかのダンパーストロークが不足するとそれ以上ダンパーが機能しなくなる為、不足した側のトラクションが逃げる事になります。

ラジコンの場合、シャーシに見合ったダンパーを使用していれば「縮み側のストローク」が足りなくなる事はあまりありませんので特に考えなくても良いのですが、「伸び側のストローク」については「リバウンドストローク」としてセッティング項目のひとつとして考えられています。

では今度は「リバウンドストローク」を調整すると何が変わるか?
前述の説明にもありますが、ダンパーストロークが不足した側のトラクションが逃げてしまうのですが、これを逆手にとっていると言えば理解しやすいでしょうか?「リバウンドストローク」が少なくなると「伸び側のストローク」が少なくなる為、少ないシャーシロールでもトラクションが逃げていき、結果リアの挙動が巻き気味になったり不安定になってきます。反対に「リバウンドストローク」を多くすると「伸び側のストローク」も多くなる為、シャーシロールした際にも内側のタイヤにトラクションをしっかり掛ける事が出来るようになります。

最後に「リバウンドストローク」を調整する際の注意点。
「リバウンドストローク」は左右で同じ数値に設定して下さい。
左右で「リバウンドストローク」の数値が変わると右コーナーと左コーナーで挙動が変わってきます。
またタミヤのリバサスやドリパケ等のサスアームのイモネジで「リバウンドストローク」を調整出来るシャーシの場合、「リバウンドストローク」を変化させると「車高」も変わってくるので両方合わせて調整しましょう。
俺はまず車高を合わせ、次にリバウンドストロークを合わせ、最後に車高を再調整して完了してます。
またサスアームにイモネジが無いシャーシについてはダンパーシリンダー内にスペーサーを入れて調整したりも出来るようです。(面倒なので試してませんが)

以上で「リバウンドストローク」の話は終わり。
少しは理解出来ましたでしょうか?
「いや違うぞ!」と言うご意見があればコメント頂ければ嬉しい限りです。

関連記事

車高について考えてみた。 

最近うちのブログのアクセス解析をチェックしてみるとセッティングのカテゴリを見てる人が案外多いようなので少しセッティングについてサイトやブログで今まで書いてない事を書いてみようと思います。

最初に断っておきますが、あくまで自己流での考え方ですので異論がある方も居ると思いますが、その場合はコメント頂けると有り難いです。また初心者向けの解説になっている事を付け加えておきます。

で、今回取り上げるのは「車高」。
セッティング項目の中でも重要度の高い部分です。

一口に「車高」と言ってもその計測方法は様々なようで。
ダンパーを伸び縮みさせてから測ったり、数センチ持ち上げ落としてから測る人も居たり。
これはどれが正解とは言えませんが、自分で方法を決めた上で毎回その方法で計測すればデータ的には問題ないかと思います。ちなみに俺はダンパーステーを2回押してダンパーを伸び縮みさせ馴染んだ状態を計測してます。

また計測するポイントも色々あると思いますが、基本的にはシャーシの四隅を計測しますが、フロント側はバンパーが付いていたりと計測しづらいので俺はフロント側についてはサスアームの下で計測してます。

それと重要なのが車高計測時はバッテリーを乗せてから計測する事。
バッテリーを乗せずに測るとバッテリーを乗せた際の重みでズレが生じる事になります。

車高をセットするに当たり、まず最初に決めたいのが基準となる高さ。
これはシャーシの組立説明書通りに組み立てた場合の車高でも構いませんし、自分で設定してもOK。ただし走行時にボディやシャーシが路面に干渉しない高さである事が大事です。また前後同じ高さにしておく事が重要。理由は後述。うちのTA05フラップコンバでは基準となる高さを6.0mmとして考えています。

基準となる高さを前後同じにしておく理由ですが、前後同じ高さのニュートラルな状態から調整していかないとシャーシ本来の動きを見失ってしまう事があるからです。セッティングで迷走しない為にも基準をしっかり設定した上で調整する事をオススメします。

前置きが長くなりましたが、ここからが車高セッティングの話。
前後の差を付けて「味付け」をする前に、とりあえず基準となる高さで走ってみて下さい。
前後差のないニュートラルな状態でのシャーシの挙動を確認する為です。
その上で前後差を付けて「味付け」をしていきましょう。

車高を下げていくとシャーシに掛かる荷重は車高が下がった方向に動きます。
例えばフロント側を下げた場合、荷重はフロント側に寄りますし、逆もまた然り。
要は車高の前後差でシャーシの荷重位置を設定すると言う事です。

うちのTA05フラップコンバの場合、以前は前後差0.5mmの前下がりでしたが最近は前後差1.0mmの前下がりです。
これはシャーシ本来の荷重位置がモーターレイアウトの関係上、中央付近にある為で少しでもフロント側に荷重を寄せたいからです。フロント側に荷重が寄る方がカウンター走行時にフロントタイヤを転がしやすいからです。
シャーシや操作する人の好みもあるでしょうから色々調整して良いところを探してみましょう。

とりあえず車高についてはここまで。
車高調整の意味が少しでも理解出来たでしょうか?
次はダンパーについて書いてみたいと思います。

関連記事

ステッカー製作。 

今日は24時頃に目が覚めたので作業再開。

と言っても嫁がまだ起きてたので派手なことは出来ない為、ステッカーを製作することに。

ステカを準備し、以前製作してた「OTA-R inside」をカットしてみる。
が、何故かちゃんと切れない。4回中4回失敗。
歯の送りを遅くしても刃先を調整しても駄目。

で試しにと他のデザインを切ってみると・・・問題なし。
こりゃデータが悪いのかも?と思いイチからデータ製作。
試行錯誤の末、何とか4枚切ることに成功。この4枚の為にカッティングシート50センチ以上が無駄に・・・俺が貼るステッカーでもないのにね(´・ω・`)

頼まれてたのはコレで済んだので後は自分のをカット。
180SX用ハチマキとBMW320si用ハチマキとサイドロゴ。更に配布用を10枚ほど。
今日作ったステッカー。

で早速180SXに貼ってみた。
ステッカー貼ってみた。
相変わらずムラが酷い。でも実物は案外イケてるので(・ε・)キニシナイ!!

早く180SX仕上げなきゃ・・・3Drレビンが使えなくなる前に。

関連記事

動画編集してみた。 

1月11日に行ったラジコン天国南茨木店での走行動画を編集してうpしてみました。



当然良いトコ取りしてますが(;^ω^)
ま、まずます走れてるといった感じでしょうか。
動画編集する際、色々チェックしますが走行ラインが安定してなかったりカウンター量もイマイチだったりと改善ポイントは多そうですが、次の走行に生かすことが出来れば良いなぁ・・・。

感想お待ちしております(*´д`*)

関連記事

またしても失敗。 

今日は特に出掛けることもなかった為、昼間に昨日のBMW320siの塗装の続きを行いました。

今日は白。
手持ちにある3本の使いかけスプレーを持ち寄り吹き付けるも結局足らず・・・また買いに行かないと。
こないだジョーシンに行ったトコなのに・・・ちゃんと計画的にスプレーの残量を調べないからこういう事になるんですな。ま、週明けにでも日本橋SKLに逝くか。

で、こんな感じ。

白を塗装後。

よーく見ると失敗してるトコがあるんです。
マスキングが剥がれてたようで・・・。

塗り分けのマスキングを剥がす際にライト部分のマスキングも一緒に剥がれてたようで、それに気付かず塗装しちゃってたみたい(´・ω・`)
画像は既にリカバリを開始したトコ。綿棒に嫁さんの除光液(マネキュア落とす奴)を付け、コシコシしたところ。その後、削った割り箸で除光液によって柔らかくなった塗料を削り落としました。

リカバリ後はこんな感じ。
リカバリ後

除光液で擦りすぎてしまった為、ポリカ自身が若干曇ってしまいましたが、うまく塗料は落とせました。ポリカの曇りは後で磨くかスモークでも吹いて誤魔化すかも。

しかしホント出来が悪いわコレ。あちこち失敗してるし。
でも走行中は解らないから気にしないでおこ。
 #ボディ製作の度に言ってるな俺・・・。

関連記事

第1回SNSドリフトバトル第3ピリオド 

昨夜は奈良某所でSNSドリフトバトルの第3ピリオドを開催しました。

現地某駐車場に着くと、いつもスペースを確保する場所に微妙な間隔で車が止まっており、まとまったスペースが確保出来ない状況。しばらく様子見と集まったみんなで小さな定状円で追走ごっこで遊んで過ごすもスペースは空かず。
やむを得ず端っこの限られた場所でコース設営してみる。

コース仮設営。

しかし狭いのと側溝に落ちる恐れがあった為、このコースはボツ。
別のスペースにいつもより小さめの南エビス風コースを設営。
適当にクリップエリアを記し練習スタート。

その後程なくしてエントリー開始。
今回集まったのは・・・7名。過去最小です。
逆に今回はポイント獲得のチャンスとみんなやる気満々。

で予選。
俺の結果はと言うと3分間のルーレット走行でクリップエリアを通過出来た回数は31回。総合で5位とイマイチ。ちなみに最多はラオウさんの49回。

予選終了後決勝トーナメントの組み合わせ抽選。
俺は初戦からのスタートとなった。

初戦で後追いからのスタート。相手はトヨさん。
いつも気負いすぎるのか後追いで寄せすぎてぶつけるケースが多かったので気を付けようと思いながら1コーナーに差し掛かった際にハーフスピンをやらかしてしまう orz
その後前後入れ替えて俺の前走で再開するも差を付けることは出来ず1回戦敗退(´・ω・`)
完全に油断してました。練習走行でもイマイチ上手く乗れてなかったコーナーだったのに・・・。

で結果。
1位は予選も1位突破だったラオウさん。(画像左)
第3ピリオド上位3名

最近の練習量がそのまま結果に繋がったようですね。今回カナリ安定した周回で驚かされました。
2位は俺を破ったトヨさん。3位はGo-genさんとなりました。

第3ピリオド集合写真

で、いつもならドリミ終了後はフリー走行を2時間以上走らせるのがデフォなんですが、この日はみんな早めに片付け始め2時半にはコース撤収。
でも撤収までの間のフリー走行は今までにない程ラオウさんや竹棒さんとの追走がアツかった。あの走りが決勝トーナメントで発揮出来れば・・・いつも尻上がりにしか調子が上がらない俺が問題なんだろうけど。

今夜のヒトコマ。

ちなみに当日は先週と比べると気温も高く風もなくて寒くなかったですね。
気温は3度。
外気温3度。

片付けが終わってからコンビニでカップラーメンを購入し小腹を満たす。
最後まで残った4人でなんやかんやウダウダ話してたら結局3時過ぎ。
次の大阪での闇練開催場所が決まらないまま解散となりました。

さて来週どうしたものか・・・。

関連記事

フロストカラーはやっぱり難しい。 

今日は日中の暇な時間を使ってBMW320siの塗装をしてました。

最初のカラーはフロストレッド
スプレー缶をお湯で温め、4回に分けて塗装。

その後裏打ち用のブライトシルバーを買いに行き、2回吹き付け。

でこんな感じ。
1264237391-SBSH0118.JPG

ボンネットは割と上手くいったと思うんだけど何箇所かムラになったりブライトシルバーが透けてたり…またしても失敗ですわ(ノ_-;)

もうフロストカラー吹くの止めよかな…。

関連記事

注文ミス。 

昨日はラジ作業は無し。

その代わりに先日注文してたタミグラ指定タイヤであるスーパードリフトタイヤとホイールが届きました。

早速開封し、スーパードリフトタイヤを装着させようとすると・・・幅が違う(;^ω^)

購入したホイールはトムスエクシブJTCC用で幅は26ミリ。スーパードリフトタイヤは幅24ミリ・・・知らなかったよママン(´・ω・`)

トムスエクシブJTCC用ホイールはデザインも良くオフセットも+2でバッチリだったんだけどこれじゃ使用出来ないわ。塩ビタイヤでもハメて遊ぶとするか。また別のホイールを用意しなきゃ。


SP.678 トムスエクシブJTCC ホイール


手元に24ミリ幅のタミヤホイールは5本スポークのメッキホイールならあるんだけどオフセットが0。出来ればオフセットは+2をハメたいところ。24ミリ幅・オフセット+2のタミヤ製ホイールってデザインがイマイチなのが多いからどうしたものか・・・。

関連記事

マスキング完了。 

今朝は3時に起きて4時から作業開始。
BMW320siのマスキングの続き。

今回は窓枠は付属ステッカーで済ませる予定なんでマスキングも付属の奴で。しかし最近のタミヤのマスキングは精度が高い。俺が切った貼ったするより綺麗に貼れた(w
タミヤのマスキングは精度が良い。

その後引き続き塗り分けのマスキング。
なんやかんやで完了まで丸2時間。
マスキング完了。

色はまだ決まってないけど赤系の塗料が余ってるからソレ系になるかと。

関連記事

タミグラ。 

2月に南港インテックス大阪でタミグラのストチャレD2が開催されるようで。

シャーシもタミヤ製1/10ツーリングならOKとの事で参戦出来そう。

という事で夜中に手持ちのタミヤシャーシをチェック。

TA03F…使用パーツが全てタミヤ製なのでメカ類さえ積めばイケそう。ただダンパーが分身TA05に持って行かれてるので取り戻さないと。

TRF414M…ケツカキ仕様に変更している為、プーリーを元に戻す必要があるがメカ類はアンプ交換するだけでOK。

比較するとTRF414Mの方がセッティング幅が広いから楽そう。でもTA03FはOPで前後差2枚のケツカキ仕様のまま参戦可能。うーん悩ましい。

で、シャーシをどっちに絞るか考えてるうちにボディもタミヤ製じゃなきゃ駄目な事に気付く。
手持ちのタミヤボディ…EG6とBMW320siがあるわ。じゃBMW320iを載せるか。
てな訳でボディをシャーシに載せてみるとTA03Fにはフロントノーズが短いためタイヤハウスがズレてしまい駄目。TRF414Mはフロントのボディポスト穴を空ければ使えそう。

と言う訳から使用シャーシはTRF414Mで決定。まさかボディが決め手になるとは(w

そこからTRF414Mのプーリーを元に戻す作業に。しかし整備性が悪いシャーシだわコレ。元に戻すまでに1時間掛かったし。

で、まだ眠気も無かったのでBMW320siボディの製作にも着手。フロントのボディポスト穴を空け、カット。カット時に1箇所ミスというか破れてしまい凹むが気にしない事に。てかこのボディ、厚いトコと薄いトコの差が激し過ぎ。タミヤ製ボディでコレとは不良品といえそう。ま、タミグラの為だけに作るんだし文句言っても仕方ないか。

カット後窓を2枚マスキングしたトコで睡魔がやってきたので作業終了。時間は4時。2時間は寝れるか…。


あ、180SXを忘れてるわ orz
てか予備予選も通過してないのに何このテンションwww

関連記事

ドリスタで追走修行。 

昨日は休日出勤でしたが、仕事を早めに切り上げ帰りに松原ドリフトスタジアムへ寄ってきました。
前回行ったのが料金体勢が変わる前だったからカナリ行ってませんねぇ。

3時過ぎに現地着。ざっとピットを見ると10人程が居る様子。やっぱ休日は人が多いねぇ。
ドリスタのピット。

中央のテーブルを陣取りピット準備を進めてると先週のラジ天南茨木でご一緒したくろめさんを発見。
挨拶を交わし今回も遊んで貰う事に。

今回も特にいつもとセッティングを変えずそのまま。タイヤはラジ天南茨木で使用していた溝入塩ビタイヤではなく溝無し塩ビを使用。練習スペースで動きを確認してからコースイン。
以前来た時とコースレイアウトも変わっており、妙な緊張もあってか最初はグダグダでしたが、5分程で慣れてきたので他のお客さんの後ろを追っかける事に。少し車速が乗らない感じもしましたがスロットルを握ればギリギリ付いていけるレベルだったのでセッティング変更せずプロポのTH-EXPOを-70から-60に変更して再開。

途中派手にぶつけた際のバンパー。
バンパー破損。

内側に折れ込んでただけだったんで元に戻ったけど・・・早く180SX仕上げなきゃ。

TH-EXPOを下げてからはガッツリ追走を満喫出来ました。
みんな上手いんで何処でも追走状態。俺が先頭になると少し遅いからか段々列が長くなり先頭を行くプレッシャーも半端無かったですがそれがまた楽しかったり。特にくろめさんとは先行・後追い共にガッツリ遊んで頂きました。後から来られたBOSSさんやjinさんとも絡んで頂き、大満足♪嫁には定時まで仕事してる事になってた為、滞在時間3時間でしたが、殆ど休憩することなく走りずくめでお腹いっぱいになりました。

単走でもグダらなければほぼ思い通りのラインで走らせる事が出来、少しは上手くなってるかな?と思ってたり。ただもう少しカウンターをガッツリ当てたかったですが、その場合はセッティングを変えなきゃならないだろうし・・・やっぱカーペット路面専用マシンを用意しなきゃならないかな?

パーキングと違いカーペット路面はグリップも安定し変な引っ掛かりも無いので走りやすいのがイイねぇ。追走もしやすく何よりシャーシが汚れずタイヤも減らないのが良いわ。
今後もちょくちょく行くとしよ♪

最後に当日遊んで頂いた方々、ありがとうございました。

関連記事

氷点下での闇練。 

昨晩1月16日深夜より奈良某所で闇練を行いました。

ここ数日の冬将軍の活躍でカナリ冷え込んでましたが、現地へ向かう道中の平野部で気温は既に1℃。
大阪から奈良へ繋がる阪奈道路の山頂付近で遂に-2℃を表示していました。

そんな寒空の中、集まったのは最終的に7人。
みんな寒い寒いと良いながらも走行準備を始めます。
Go-genさんと。

俺もパイロンを取りだしコース設営を進めますが、寒いからなのかコースがうまく思い描けず結局オーバルに1箇所振り返しを設けた単調なレイアウトに。タイヤはASDタイヤで周回を開始。

タイヤを裏組したばかりなので当たりが出るまでしばらくはカクカクした挙動でしたが、当たりが出てからはまずまずの動き。と言うか手がかじかんでちゃんと操作出来ません。
軍手をはめ、必要な部分の指先をカットして操作しますが、素手での操作感と比較するとやっぱりイマイチ。とは言え素手では10分持ちません。騙し騙し操作する事に。

その後しばらくして竹棒さんが到着。
ここからタイヤを塩ビタイヤに変更し、まったり追走練習。
やっぱ挙動的には塩ビタイヤの方がリアルで好きだわ。
カウンターを当てながら立ち上がっていく3Drレビン。最高です(*´д`*)ハァハァ

終盤、よりローアングルで見た方がカッコイイと言う事で地面にベタっと座り込んでみたり寝ころんで操作してみましたが、確かにカッコイイ!でも地面が冷たすぎで数分も持ちません(゚∀。)アヒャ

結局なんやかんやでリポ3本半、3時間程走行し、締めにカップラーメンを食べて終了。
外気温0度。

カップラーメンの脇にあるのは100均で買った温度計。0℃を指してます。
しかし開催場所に程近い場所に設置された外気温計は-2.6℃を指してました。
幸い開催場所では風もなく我慢出来ましたが、風が出ていれば即解散だったでしょうね。
こんな寒い日にもかかわらず集まった俺を含めた7人はラジキチ認定です(・∀・)
来週のドリミは寒くなければ良いけど・・・。

関連記事

NEW TYPE。 

先日同僚が塩ビタイヤの新作を持ってきてくれました。
らせん溝入り塩ビタイヤ

今回は螺旋状の溝が入ってます。
溝は右巻き・左巻きの2タイプあり、左右1セットで使用する事になりそう。
内向き
外向き

この螺旋状の溝がポイントでタイヤが回転すると溝の方向にトラクションが掛かりタイヤの組み方によって外向き・内向きにトラクションを掛ける事が出来るのでは?と期待してます。
カウンタードリ仕様の場合、フロントタイヤを外向きに組めばフロントが今まで以上に外に流れ、リアタイヤを内向きに組めばよりトラクションが掛かり直進安定性も良くなるのでは?と思ってたり。

アスファルト路面ではその効果はあまり期待出来ないかもしれませんが、カーペット路面では結構期待出来るかも?縦溝入タイヤは効果があっただけにこの螺旋タイヤの使用が楽しみです。
次いつサーキットに行けるか未定ですが次の機会にじっくりインプレしたいと思います。

関連記事

メンテ。 

今日は3時に起床。最近NEWスーパーマリオDSにハマって夜更かししてる嫁と交代でリビングに陣取り昨日のTo Do Listに書いたとおりラジコン弄りをしてました。

まず最初にタイヤの組み替え。
現在ASDタイヤにてサージング製4本スポーク(要はSSRのMK-2)がをフロントに使用してましたが、これがよく見るとハブの部分で割れてました。
割れてました。

このホイールはカナリ使い込んでるので割れるのも納得です。仕方ないのでタイヤ組み替え時に手持ちのサージング製HAYASHIストリートに交換。でもコッチはオフセットが+5なんで微妙なんだよね・・・また買い直さなきゃ。

その後、TA05フラップコンバのダンパーメンテ。
ダンパーメンテ中

と言ってもダンパーオイルを継ぎ足しただけ。
最近自分的に「乗れてる」と思ってるので「良い時は変更しない」と言う原則の下に。
ちなみにフロントはタミヤ600番、リアはタミヤ300番。

で、車高調整を簡単に行い、これで終了・・・と思いきや左前輪を空回しすると油ぎれを起こしたような音が聞こえる。チェックするとどうやらユニバが怪しい。って事でフロントのユニバの分解掃除。
シャーシから取り外してバラして洗浄。AWグリスを塗って組立。ネジロック剤も忘れず使用。
ついでにアップライト内のベアリングをシャカシャカ洗浄して注油。ややゴリゴリ感があるもののスルーして復旧。近いうちにベアリングも注文して交換しなきゃ。
全て組み終わって作動確認。異音もなく良好♪

しかしここで時間切れ。途中web巡回してたりしたもんで思ったより作業が捗ってねぇ・・・。
今晩は飲んで帰らなきゃなんないんでメンテは出来そうにもないな・・・続きはいつ出来るか?!

関連記事

To Do List 

ここ数日、子供達を寝かしつけるのに布団に入ったら出るのが億劫になってしまい何も出来ずに居ます。

が、そろそろやる気を出さなきゃならないんで To Do List でも書いてみよう。

■ダンパーメンテ
車高が確保出来なくなってきてるんでオイルを継ぎ足さなきゃ。
暇があれば「ゆっくり伸びるダンパー」にしてもいいんだけど面倒だし、何よりイマイチ頭で理解出来ないのでしばらく先送りかな。

■タイヤ組み替え
塩ビタイヤもASDタイヤも減ってきてるんで新替するか左右を組み替えなきゃ。
あ、180SX用のASDタイヤ用ホイールが無いわ。また買わないと・・・。

■ステッカー作製
ステカで作っている切り文字ステッカーが無くなったので作らないと。
そーいや頼まれてるステッカーとかもあったんだっけ・・・忘れたわ(ぉ

■180SXの電飾と補強
とりあえず形だけ取り繕った180SXの電飾とシューグーでの補強をしなきゃ。
今晩シューグーを塗っておけば週末にでも使えるかな。電飾は半目ライトへの固定が課題。

■TRF414M
リア側プーリーの交換がまだ未完のまま。テンショナーの固定方法を検討しなきゃ。

あと他にもちょこちょこやりたい事があるけど優先的に片付けたいのはこの辺かな?
少しずつでも頑張らなきゃ

関連記事

ラジ天南茨木で追走三昧。 

1月11日にラジコン天国南茨木店へ行ってきました。まなぶと共に10時半から5時間コース。

開店から30分しか経ってないのにピットは半分以上埋まっているという盛況ぶり。
ドリフトコースに一番近いテーブルが開いていたのでそこを確保。
速効でピットを設営しバッテリーを装着。
ピット。

今回タイヤは先日同僚にインプレを頼まれていた溝入り塩ビタイヤをアスファルトで当たりを付けたものをチョイス。
溝入り塩ビタイヤ

ひとまず練習スペースで試走。変な引っかかりもなくいけそう。
てな訳でコースイン。
久々の来店で上手く走れるか不安でしたが、最近闇練でも塩ビタイヤで練習してたお陰か数分でそこそこ走れ、バッテリー1本使い切る頃にはコースにも慣れ満足出来る走りが出来るように。ちなみにセッティングは普段闇練等で走らせている時と何も変更無し。

で、調子に乗って走っているとコース仕切りの角材にパコーンと前輪をヒット。
そのまま走らせようとすると当てた方のフロントタイヤが無い(;・∀・)
あわててシャーシを回収するとタイヤはボディ内に挟まってました。正確に言うとホイールごと外れてました。
ホイール破損。

使用ホイールはストリートジャムの龍上
まだ新品下ろして2回目の走行だったんですが当たり所が悪かったようでホイールハブ部分が見事に割れてます。
そこでリアに付けてたタイヤをフロントに装着。リアタイヤは溝無しの塩ビタイヤへと変更しました。
しかしこれで走行してみると溝入りタイヤの時と比較し振り返し時の挙動が横に流され気味でスロットルが握れないようになってしまいました。スロットルの入れ具合を遠慮気味にするとちゃんと走れるのですが速度も遠慮気味になってしまう為、店頭でホイールを購入し溝入りタイヤを再度装着。購入したのはストリートジャムの星鮫。ついでに麗心愚破亜斗もあったのでお買いあげ。
タイヤ交換後は振り返しもキビキビ動いて気持ちよく走れました。

12時を過ぎた辺りで昼食タイム。ラムーの298円弁当はコスパ最高( ゚Д゚)ウマー

腹も満たされ後は走るのみ。
当日は上手い人が多く顔見知りの方々も多くいた為、いつコースインしても追走を楽しめメチャメチャ面白い。数台連なっての追走はプレッシャーも半端無いがソレがまた良い刺激に。やっぱ週末のサーキットは楽しいねぇヽ(´ー`)ノ
途中、いとちゃんにお願いして動画撮影。編集するのが面倒なのでワンシーンだけとりあえずうp。



また暇見て編集します。
しかし度々クラッシュさせてたのが効いてたようでボディはボロボロに。
レビンのバンパーが・・・
こっちも・・・

補修しておこ。次のボディも出来たことだし。

あっという間の5時間。また近いうちに嫁予選を突破し行きたいモノです。
最後になりましたが当日コースで御一緒した方々、有難うございました。

関連記事

ひとまず完成。 

コンデレ用の180SXですが、コンデレの締め切りも間近なのでとりあえず撮影出来るように形にしました。
簡単に撮影も済ませたのでうp。

180SX完成。
180SX完成(その2)
180SX完成(その3)

画像にしてみると結構イイかも?
でも実際に見るとムラが酷い。完全に失敗作。まだピンクのハチロクを出した方がマシかも?ま、どっちにしろコンデレで上位には入れそうにないですがね。
リアスポの収まりも悪いし。電飾どーしようかな・・・半目のまま電飾するの難しそうだし。
先日の闇練でRX-Rさんから電飾を譲って貰ったんで取り付けるだけなんだけど・・・。


関連記事

ようやく初滑り。 

先日9日は大阪某所での闇練でした。実はこれが今年初滑り。

開催場所の某パチンコ屋駐車場に23時頃に集合。
いつも少ない大阪での闇練が今回は参加者が多く最終的に10人までになりました。
で、パチンコ屋の営業が終わったのを確認してディッシュパイロンを設置。
走行を初めて20分程経過したところでパチンコ屋さんの店員さんに声を掛けられ丁重に断られてしまい・・・撤収するハメに。ま、仕方ないですな。

その後何処で走らせるかしばらく考えた挙げ句、以前も場所が無く避難場所として闇練を行った某機械団地内の駐車場へ行く事に。
着いてみると以前は点いていた外灯が消えており暗い・・・でも側の道路からの外灯で何とか走行出来るギリギリの明るさだったので他に良い場所もないのでココで走らせる事に決定。

パイロンを並べ、走行開始。すると20分程経過したトコで雨がパラついてきて路面が濡れるまでに・・・一時撤収。

ラオウさんのレビンと。

帰省の際に買ったお土産をみんなで食べながら雑談してたら雨もしばらくして止んだのですが、路面はまだしっとり状態。「今日は帰って糞して寝ろ」と神さんが言ってそうな感じですが、ラオウさんとトヨさんが練習を再開。それに触発され、みんなも走行再開。

闇練風景。

みんなでリレー形式で走ったり「ぶつかり稽古」とも言える追走ごっこで遊んだり。
そうこうしてると遅れてきたRX-Rさんが登場。

RX-Rさんさんと。

彼が所有するTL-01改Mシャーシに乗せて貰ったが面白い動きで楽しかった。
モーターがスポチュンだというのに妙に速いし(w

走行した時間自体は色々あって短かったモノの、面白かったので満足度は高めの闇練でした。
この日解散したのは4時頃。RX-Rさんのコンデレ用画像の撮影を後ろで(・∀・)ニヤニヤしながらみてたり雑談してたらこんな時間に。
しかしまた大阪での練習場所を探さないと・・・良い場所無いかなぁ?

最後に当日参加された皆さん、お疲れ様でしたヽ(´ー`)ノ

関連記事

無題。 

ここ数日まともにラジコンに触れてないんだけど思いついた事を書いてみるとします。

■180SXボディ製作
7日の夜に裏打ちの黒を塗装したんだけど、半目ライトの内側を塗装するのを忘れていて途中で気付いたものの塗料が切れてしまい完全に塗装出来ずに強制終了・・・orz

■コンデレ
SNS内で久々に開催したコンデレ。
俺的にはどーも盛り上がりに欠けるような感じなんですが・・・どーなんだろ?
この週末の11日が最終締め切りなので俺も何とかそれに間に合うよう180SXを製作しなきゃなんないんだけど。もっと積極的にSNS内で煽った方が良かったかな?

■在庫ボディ
タムタムに行くと言う人2人に頼んで81マーク2とC35ローレルを入手済み。
81の方はどっちかと言えばC33ローレルに見えるような?エアロがゴツイので81っぽく見えない。C35は値段以上の出来で作るのが楽しみ。ただ当分先になりそう。

■物欲
最近物欲が湧きません。
一通りのモノは揃ったのもあるんですが、元々ハイエンド志向ではないので「使えればおk」と思ってるのもあって壊れるまで買い替えない主義なもんで。ただそろそろリポバッテリーを買い替えた方がイイかな?とは思ってたり。

■twitter
コレ面白いねぇ。元々ブログで独り言気味に投稿する事もあったけどtwitterなら暇なときに簡単な事でも気軽に投稿出来るのがイイ。まだフォローしてる人が少なく本当に独り言になってしまっているけどね(w
ちなみにアカウントはkomocikですので興味がある方はふぉろーみー。

■週末の予定
土曜:子守。深夜に大阪某所で闇練。
日曜:家族サービスDAY
月曜:嫁予選通過出来たのでサーキットに出向く予定。場所未定。ラジ天南茨木が濃厚?

■散髪
今日仕事帰りに散髪してきました。
この時期寒いので刈り上げは2ミリで。普段は1ミリ。どーでもイイこだわり。
明日の闇練で頭から風邪引かなきゃ良いけど(前例有り)

■ブログ
いくつかの記事をカテゴリ移動したり修正したり。多分言わないと気付かないレベルなので特に気にしないでください。

■村八分
文字通り。残念。


さてさて。これからラジコン弄りでも・・・と思ったらまだ嫁が起きてやがる。
嫁が寝るまでyoutubeで暇潰すか。

関連記事

植村花菜のトイレの神様 

兵庫県出身の植村花菜さんの新曲「トイレの神様」が凄すぎる。

今日の昼間、仕事の外回りで車でなにげに聞いてたFM802から流れてきたんだけど、最後の方は運転に支障が。
感動しすぎて涙で前が見えなくなりそうでした。
ラジオ聞いてて泣いたのは初めて。
その反響は植村花菜さんの公式ブログのコメントを見れば解ると思います。

3月にリリースされるアルバムまで待たなきゃならないのが残念ですが発売したら絶対買います。
どんな曲か気になる方は歌詞だけは公式サイトで公開されているのでチェックしてみてください。
20代後半以降の関西人には共感出来る部分が多いかと。

アカン、歌詞見たらまた泣けてきた・・・。


さ、ボディ作ろ。

関連記事

マスキング終了 

今朝は4時に目が覚めたのでそのまま起きて今年初めての作業に取り掛かることに。

180SXのマスキングの残りをやっつけました。
途中から窓枠の隅が面倒になりボディに貼ったマスキングテープにカッターナイフを入れる方法を取りましたが、力加減さえ気をつければ案外イケそうですねぇ。

で、マスキングは終了。
20100106082803


後は塗料のはみ出しを修正すれば塗装出来る状態。早ければ今晩には吹けるかも。
今週末でコンデレも締切だし頑張らなきゃ。

関連記事

塩ビタイヤの試供品。 

またしてもタイヤネタ。
今度は塩ビタイヤ。
いつもは自分で製作する塩ビタイヤですが、今回のは同僚が取引先の機械加工屋に頼んで作って貰った逸品。

塩ビタイヤの試供品。

コレを製作した機械加工屋は普段から樹脂製品の製作も行っているとの事。
今回特別にバイトや治具も製作した上で作られたタイヤなのでブレもなく加工精度は抜群。

今回の試供品のトレッド面には3種類の加工が施されていました。
試供品のトレッド面。

浅い細溝4本、深い細溝2本、深い太溝2本。
浅い細溝はアスファルト路面ではすぐ無くなってしまいそうですが、カーペット路面では面白そうな感じ。
太い深溝は鬼キャンにすればカウンター走行に向いてそうな印象。

どうやら同僚はこれらを販売しようと企んでるようで。
これらのインプレを頼まれましたが、溝入れ加工は以前自分でも試した事があるので使用感は使わなくとも何となく解るんですがね。とは言え今後色々機械加工屋と話を詰め、トレッド加工を今までにないモノにしていくとの話なので少しばかり期待したいと思います。

また今後の動きがあれば紹介するとしますね。

関連記事

新作ASDタイヤが届きました。 

さて昨年末の話になりますが、注文していたASDタイヤが届きました。
現在販売されているロットはVer.7となりますので、これを10セット。

ASDタイヤは角の面取りの種類が数種類選べるのですが、今回は従来からある真っ直ぐ面取りしたType-Sを5セット。
ASDタイヤ Ver.7 Type-S

もう5セットは無理を言って新しい形状にして貰いました。
それがこちら。
ASDタイヤ ストジャム小径ホイール用

画像では従来からあるType-Rに見えますが若干角度が違います。
とりあえず一緒に注文したType-Sとの比較画像。
従来のType-Sとの比較

角度を変更して貰った理由は最近流行のストリートジャム製小径ホイールにマッチする角度にしてもらった為です。従来からある面取り角度では小径ホイールに装着した際に少し違和感があったんですが、今回の新作では完璧。
実際にストリートジャム製小径ホイールを装着しフィット感を比較してみました。
まず面取り角度。
面取り角度の比較

新作の方がホイールとの角度が合ってカッコイイですよね。
今回面取り角度だけでなく幅も調整して貰いました。従来品は26mm幅なのに対し、新作は少し細めの25.5mm幅。
幅の比較

これで装着しても幅もピッタリで文句なし♪

ちなみに今回のVer.7はやや内径が大きめなようでストリートジャム製小径ホイールを装着すると少し隙間が出来ます。
内径はやや大きめ?

また出荷時はやや歪んだ形状になっていますが、装着時に揉みほぐすか温めると問題無さそうです。
Ver.7はやや歪み有り。

今回特注したストリートジャム製小径ホイール対応新作タイヤはあんもさんに聞くと量産体制も整ったとの事ですので気になる方はASDタイヤにて問い合わせしてみてはどうでしょう?ストリートジャム製タイヤは少し高めのお値段ですがグリップ感もストリートジャム製タイヤのMに近い感じなので少しでもタイヤ代を抑えたい方にオススメですよ♪

あと他にサンプルとしてASD-Neoタイヤも同梱頂きました。
ASD-Neoタイヤ

タイヤをチェックすると従来品と比べると表面がやや粗いような感じ。
ASD-Neoタイヤ(単体)

このASD-Neoタイヤ、実は素材が某ショップで販売されているタイヤと全く同じとの事。
その為、価格は従来品より高めですがロット毎のバラツキも無く安定した製品になっているとの事です。
こちらは今後使用して従来品との比較をしてみたいと思います。

ASD TIRE WORKSさんには今年もたっぷりお世話になりそうです。

関連記事

謹賀新年。 

謹賀新年

もう3日となってしまい、今更感がありますが、あけましておめでとうございます。

さて新年1発目の投稿という事で今年の抱負というか目標でも書いてみようと思います。

今年の抱負、それはズバリ

「ラジドリを楽しむ」


これで逝こうと思います。
この一言に色々込め、今年1年SNS運営、サイト・ブログ更新など頑張っていこうと思いますので今年もどうかよろしくお願いいたします。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。