スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装終了。 

今日は身内の不幸があったので会社は休み。
午後から通夜の段取り等があるんだけど、それまで手持ちぶさただったもんで塗装が完了したHPI製3DrレビンをTA05フラップコンバに乗せてみました。

3Drレビン完成。(フロント)
3Drレビン完成。(リア)
3Drレビン完成。(サイド)

どうです?ナカナカなもんだと思ってるんですが。
幾つかマスキングミスがあるんですが、遠目で見れば解らないですし(w
あとフロントバンパーに少しステッカーを貼れば完成です。
とは言えシューグーでの補強もまだだしライトパーツは仮止め。
電飾もまだなので使用するにはまだ少し時間が掛かりそうです。

そうそう。今回ヨコモ製林レビン用ライトパーツを使用してますが、結構イケてます。
画像で見れば解るかな?
まずはフロント。
ヘッドライト。

でリア。
テールランプ。

リアはボディ側はレビン用にモールドされていますが、林レビンのライトパーツは後期型トレノ用なのでその形状に塗装してます。少し濃いめにフロストレッドとフロストオレンジを吹いたんですが、一気に吹いたのでムラになってます・・・ま、旧車ぽくて良いかな?(ぉ

ホイールはフロントが確かオフセット+5、リアが+7だったはずですが、ほぼツライチ。
フロントはもう少し外に出せそう。キャンバーをもっと付ければ+8とかは楽勝かも?
ボディも新調した事だしホイールも新調しようかな♪

関連記事
スポンサーサイト

SNSドリフトミーティング R-17 in 奈良 

先日22日は久々のSNSドリミでした。

開催当日の朝から息子が原因不明の熱を出し、病院に連れて行っても新型インフルエンザでもなく風邪の所見もなく原因不明。熱は最高で39.8度まで出る始末。
その為、ドリミには参加出来ないと思ってましたが、食後に座薬を入れたのもあって熱も少し下がり、嫁が一緒に寝るとの事だったので急遽参加する事に。

現地に着くなりみんなに「来たん?」「大丈夫なん?」「ろくでなし」と言われましたが(・ε・)キニシナイ!!
充電出来てなかったバッテリーを早速充電し始めコース設営。
支度が終わり、バッテリーの充電も1本完了した頃にメンバーが揃いドリミ開始。

今回は本店難民組の方々やSNSメンバーのお仲間も集まって参加者は15名。
まずは予選。
予選1回目の結果は32回。予選2回目は31回と実に微妙な感じ。
練習走行時から「乗れてない」感があったのだが、何とか8位という事で予選通過です。

で決勝トーナメント。
初戦のお相手はSNSメンバーのラオウさん。
ここ最近メキメキと実力を付けてきてますが、俺もプライドがあるので負けてられません。
しかし今日の俺の「乗れてない」感もここでピークに達したのか追走2本目の後追い時にスピンして自滅・・・当然ここで敗退です。不甲斐ない結果に落ち込みました(´・ω・`)

ここから司会進行に専念(w
で途中経過はサクッと省略。結果だけを書きます。
優勝したのは今回も本店難民組から。BOSSさんです。(画像手前)
予選もダントツのトップで2本目の走行ではクリップを外したのは2回のみで回数も50回。
終始安定した走行と冷静な攻めが見事でした。

SNSドリミ R-17 上位3名

2位は隼人パパさん。(画像中央)
OTA-Rに乗り換えて調子よかったみたいですが相手が悪かったようで。
3位も本店難民組からでデッキーさん。(画像奥)
本店難民組さん達はレベル高すぎです。もう少し手加減して欲しいモンです(;・∀・)

んで記念撮影。
SNSドリミ R-17 記念撮影

その後SNS-SSGPを開催。
今回よりチキチキバトルが2分経過してから最初に3周走りきった人が優勝と言う事に。
簡単に言い換えれば2分間走ってからローリングスタートで3周レースという感じ。
で今回は終始安定した走りが出来、他のミスもあって優勝出来ましたヽ(´ー`)ノ
SNSドリミでの鬱憤を少し晴らす事が出来ましたが、SNSドリミで鬱憤を晴らしたかったのが本音。
ま、次回頑張るとしますわ。

最後にフリー走行としましたが、今夜はみんな早々に帰宅し始め、最後まで残ったのは5名ほど。
自宅に着いたのも4時半を過ぎたくらいでした。
帰宅後息子の容態が気になったので寝室を覗くと・・・嫁が起きてました Σ(´Д`lll)
そのまま黙ってドアを閉め、リビングで嫁が寝るまで時間調整・・・だって恐いんだもん((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

関連記事

アッカーマン。 

昨夜は3Drレビンの製作ではなく、TA05フラップコンバのアッカーマンについて考えてみました。

カウンター走行をするにあたって、アッカーマンのゼロ化は効率よくフロントタイヤを転がす為に必要だと考えていますが、うちのTA05フラップコンバはトーをアウト3度くらい付けてるので左右のアッカーマン比がカナリ違います。言ってる事とやってる事が全然違いますな(´・ω・`)

って事でアッカーマン比をゼロにするべくステアリング周りを変更しようとシャーシとにらめっこ。
以前GREさんのブログスクエア製M03用リヤカーボンダンパーブレースを流用する方法を知り、入手していたのですが、事前情報通りバルクヘッドに干渉してしまうようです。

干渉する部分はフロントステフナーの取付部分。
ココをカットすれば取付可能ですが、カットしてしまうとフロントステフナーが取り付けられません。
うちのTA05フラップコンバのアッパーデッキはフロントステフナーの上から固定する形なのでフロントステフナーは出来れば取り付けたいところ。

そこでシャーシを持ち上げたり横から見たりして考える事小一時間。
バルクヘッドの干渉部分だけを限界まで削れば何とかフロントステフナーは取り付けられそうな感じ。
とは言え取付部分の強度は下がってしまうでしょうが仕方ないでしょうね。

ひとまずスクエア製M03用リヤカーボンダンパーブレースを取り付けられるよう加工した上で、どのように取り付けられるかを再度検討しながら考えようかな?と。

他に簡単に流用出来てバルクヘッドの加工が不要なパーツがあれば良いんだけどな・・・。

関連記事

もう少し。 

現在製作中の3Drレビンの塗装がテールランプ等を残すのみとなりました。

昨夜窓枠のマスキングを行い、すぐさま自宅前で塗装。
本当はブラックで塗装したかったんですが、あいにく在庫切れ。
急遽余ってたガンメタで塗装しちゃいました。

窓枠塗装後。

ガンメタで正解だったかな?ブラックより明るいんでソレっぽくなったかと。
でも墨入れ部分までガンメタで逝っちゃったから、そこだけは微妙かな・・・。
とは言え概ね満足の出来です。

しかしガンメタってフロスト系のような感じで塗膜が薄いような気がするので結局ブラックで再度裏打ちした方が電飾した時の透け防止になりそうな感じ。週末にでも買いに行くか。
あとテールランプとウインカーを塗って完成になります。

で、今回ボディはHPI製の3Drレビンですが、ライトパーツはヨコモの林レビン用を使うんですが、この林レビンのテールランプ、ハチロクマニアなら解ると思うんですが、実はトレノ用テールランプなんですよね。正確に言えば後期型トレノ用。その為、塗装も間違えないよう後期型トレノ用に塗り分けが必要。

この後期型トレノ用が昔から人気でレビン乗りはあえてコレに交換してたモンです。
ちなみにフロントグリルは前期型GT用が人気でしたね。横型フィン形状の。
フォグランプがビルトインされた樹脂製は後期型。HPI製AE86レビンのデカールには前期型GT用と後期型の両方のグリルが付属してあるのが嬉しいですね。もちろん前期型GT用を貼り付けますよ。

さ、完成まであと少しだ。

関連記事

遂に出た13Tセンターワンウェイ。 

R/Cvillageさんより待望の13Tセンターワンウェイが発売となりました。

R/Cvillageオリジナル 13Tセンターワンウェイ

今まではTA04用センターワンウェイが15Tで最小でしたが、更に小さいセンターワンウェイの登場により、より前後比に差を付ける事が可能になりました。
またフロント側の駆動比を下げる為、ギア比を気にすることなく前後比を変更出来、アンプやモーターにも優しいのが嬉しいところ。
TA05の場合、この13Tセンターワンウェイを使用し、フロントデフに39Tプーリーを使用すれば純正のドライブベルトのままイケちゃうのも財布に優しくて良いですよね。

更に特筆したいのが値段。驚きの1280円。
ヤフオクで転売されないか不安ですが、転売されればすぐ解るので問題ないかな?
今回を逃すと次回は1ヶ月後らしいので気になる方は即チェックですよ!

関連記事

「便所の落書き」の真意。 

例の2ちゃんねるの一件。
昨日深夜に書き込んで以降、完全放置してたのに余計にややこしくなってるようで。

どうも俺が「便所の落書き」と称したのが気に入らなかったようですが・・・。
2ちゃんねるが「便所の落書き」っていうのは一般的な代名詞に近いと思うんですがね。
はてなキーワードで「便所の落書き」を調べると”「信頼度がゼロに近いような、粗野かつ下品な内容の文章」”や”2ちゃんねるに代表される匿名掲示板などに書かれた、執筆者不明の文章群を指す”とある訳で。

俺が指す「便所の落書き」ってのはまさにコレでコテハン名乗る出もなく匿名掲示板で悪態付くのは便所に落書きするのと程度が変わらないって事。
誰かが「普段は情報収集するくせに叩かれたら便所の落書き扱いか?」なんて言ってるけど、その「便所の落書き」にも様々あると思うんだよね。

例えば・・・ホントの便所の落書きの中に「駅前のパン屋のカレーパンは最高」って書いてあったとしよう。
それを見た大抵の人は何も思わないだろうし、むしろ落書きに対して不快に思う事もあるかもしれない。
けど以前から駅前のパン屋のカレーパンが気になってた人にとってはその落書きも立派な情報になりうるかもしれない。その落書きを信じて買いに行って本当に美味いカレーパンに有り付けるかは行動に移すしかないけど、以前から気になってる人にとっては匿名の落書きであってもひとつの”きっかけ”になりうる訳で。

何が言いたいのかと言えば、2ちゃんねるの書き込みは不特定多数の匿名の書き込みであって、それを信じる・信じないは閲覧者の勝手だって事。書く方も自由だし読み取る側も自由。
そこに嘘が書かれていようが真偽を見分ける目が確かなら間違う事も無かろうしね。
実際今まで色んな書き込みに助けられているし、例を挙げればラジドリを始めた頃に「いらないRCあげる/交換/売るスレッド」にてプロポ(フタバのMJ)をタダで譲り受けたし。この時は本当に嬉しかったんだけどね・・・。

少し話が逸れたかな。
結局の所、俺は匿名掲示板の2ちゃんねるでコテハンも名乗らず悪態付かれても何とも思ってません。
むしろブログで堂々と反論コメント付けられた方がカナリ凹むと思います。
俺がブログに誘導しているのはあのスレッドを私物化してるような気がしてならないからであって、IP抜くとかそんな事考えてもないし。今時IP抜いたからって何が出来るってんだ?

それとSNS参加者と思われる書き込みもありました。
非常に残念に思います。
俺のブログ・サイト・SNSにより俺に何らかの利益が発生している事に対し、賛同頂けない方は退会して頂いて結構。俺個人がプライベートな時間を割いて運営してるんです。多少は利益が無きゃやってられませんって。
その利益ってのも微々たる物で泣きたい位なのに。


で。この話、どこで落としどころを付けたいんだろうか?
俺の事を叩くだけ叩きたいならお好きなように。
その間、ブログのアクセス数が少し上がってランキングの上位に食い込めるだけだし。
ただ見た目だけのランキングなんかどうでも良いんだけどね。
あっちのスレで煽って騒ぎ立てた事については今更ながら少し反省してますが。

以上が今回の俺の見解というか考え。
さっきあっちのスレに最後の書き込みとして「中の人 ◆2nlgTXp/gA 」としてレスしてきました。
トリップを付けていますので、これ以降このトリップが無い書き込みについては無視してください。
それは俺ではなく成りすました何処かの誰かですので。


さ、気を取り直して3Drレビンのマスキングに取り掛かろ。

関連記事

手直し。 

今日は2ちゃんねるの方々が大挙して来られるから忙しくなるなぁ・・・と思ったら誰もコッチに書き込んでくれないんだよね(´・ω・`)
2ちゃんに書いても所詮「便所の落書き」。主張があるならコッチでしっかり言ってみろってんだ。

と、やや暇を持て余したところもあって、さっきまで昨日塗装した3Drレビンの手直し作業をしてました。
窓枠用マスキングをする前のマスキングミスを割り箸を使って修正。
割り箸はカッターナイフで削って適当に尖らせた上で塗装ミスした部分をコリコリしてやると塗料が削れてリカバリー出来ます。力を入れすぎるとボディ自体が痛むので優しくコリコリするのがコツ(*´д`*)

現時点での満足度は90%かな?
フロントバンパーとリアバンパーの塗り分けラインでマスキングミスがあってリカバリー出来ない部分が数箇所あるもんで。ま、それも「ハチロクらしさ」って事で受け入れよう(w

1時間程の作業で概ね手直しは完了。
明日マスキングをし直して黒を塗装する予定。でも予定は未定。

さ、そろそろ寝るかな。

関連記事

これで200%も夢じゃない。 

先日R/Cvillageさんより提供頂いてたコチラをご紹介。

TA05用20/13センタープーリー

TA05用に製作されたセンタープーリーのセット。
リア側20T、フロント側13Tという組み合わせです。
リア側の20TプーリーはヨコモのBD用でフロント側13TはR/Cvillageさんのオリジナル品。
画像の状態でTA05純正モーターマウントにポン付け可能です。
13Tプーリーはダイレクトプーリーとなってますが、今後センターワンウェイ用も販売されるとかでそちらも気になります。

このセンタープーリーセットをうちのTA05フラップコンバに組み込んだ場合、前後比は現在の137%から一気に188%になりますね・・・てかそんなの扱えそうにありませんが(;・∀・)
オマケで42Tデフプーリーも同梱して頂いてるんですが、コレを組むと前後比202%とか(゜∀。)ワヒャヒャ
とりあえず現状のまま組んでみる予定ですが、どうなることやら。

それともう一つ。

TA03F用13Tプーリー

こちらはTA03F用の13Tプーリー。こちらもR/Cvillageさんのオリジナル品。
精度・仕上がり共に完璧。聞けば某星印模型のプーリーも製作されているメーカーへの発注との事。
納得の仕上がりです。

これをうちのTA03Fに・・・と思いましたが、最近うちのTA03Fは会社でマターリ昼休みに走らせる程度なもんで微妙かな・・・なんて。
形状的にTRF414Mにも使用出来そうなんで、TRF414Mでインプレする事になりそうです。

関連記事

結局2色塗り。 

やり始めたら案外やる気も出てくるもんですね。
昨日の3Drレビンの続きをさっきまでやってました。

昨日マスキングが終わってたので今日から塗装開始です。
まずベース色。今回はタミヤのチェリーレッドを使用。

3Drレビンの1色目。

少しマスキングが浮いてミスしてる部分があったけど概ねOK。
ミスした部分は嫁さんの除光液を拝借して修正(w
綿棒の先に除光液を付けてシコシコすると取れますよ。

で、2色目をどうしようかと少し悩んだ挙げ句、当初の予定通り白でいく事に。

3Drレビンの2色目。

うーん。この塗り分けがハチロクらしくて素敵(*´д`*)

今回この塗り分けにしたのには理由があって、フェンダーアーチを白くすると、カウンター走行時にタイヤの黒色とのコントラストで切れ角が見た目に解りやすいと思って。
黒いボディを使用してるときにカウンター当てても遠目には見にくいですがコレなら遠目にも解るかな?と。

後は一旦マスキングを剥がし窓枠用のマスキングを再度施工し黒で裏打ち。
それにテールレンズの赤とオレンジを塗装すれば完成かな。

今日くらいのやる気が持続出来れば週末には完成しそうな予感。
ただ電飾まで製作するとなると少し先になりそうだけどね。なんせLEDの在庫がない(;・∀・)
注文したくともお金もないときたもんだ・・・orz
とりあえず使わないボディから外して移植するか。

関連記事

再開。 

昨夜は重い腰を上げ3Drレビンの製作を再開しました。

昨夜の作業で1回目のマスキングが終了。
この時点で午前1時でしたが、そのまま自宅前でクリアを吹きました。
墨入れ用のマスキングテープが浮くのを防止する意味を込めて。おまじない的に(w
ちなみに吹いたのは東邦エンジンカラーのクリア。これでマスキングの効果が上がる(はず)。

ちなみに以前の記事で3色塗り分けにすると予告しましたが、段々めんどくさくなってきたので多分2色塗り分けで終わりそうな予感(ぉ
とりあえず今晩1色目を吹いて様子を見たいと思います。


しかし以前のようなモチベーションがキープ出来ない。
プライベートが充実してないとこうも駄目になるものか・・・。
記事になるネタも色々あるんだけどなぁ・・・何とかテンション上げて逝かなきゃ。

関連記事

帰省先でプチオフ。 

昨日まで嫁方の田舎の徳島へ帰省してましたが、「ラジコンでドリフト!SNS」の登録者である文太さんが帰省先の極近いところに住んでいたので少しの時間ですが一緒に走らせてきました。

集合場所が解りづらく電話で場所を聞きながら現地到着。
簡単に挨拶をし、持参したディッシュパイロンで小さめのコースを設営し早速走行開始。

荷物の都合もあって今回はTA05フラップコンバだけを持参。

帰省先にて


いつも通りの挙動ですが、もう少しリアが巻き込んできてもイイくらい。まだまだ煮詰める必要があります。

文太さんのシャーシはTB03。
走らせているのを見ていると、カナリのオーバーセッティングなのかカウンターが結構当たってる。
聞けばケツカキ仕様に加工してるとの事。なんでもTBエボ4のベベルギアを流用するとか。詳しくは聞いてないんで質問は受け付けません(w
少し乗せて貰いましたが、ケツカキ仕様と言うよりも強オーバーセッティングな車といった印象。
カウンターは当たるんだけど、当て続けるとドリフトが戻っちゃう感じ。もう少しタイヤ回転数の前後差を付けるか足回りを見直せば良くなりそうな感はあるんだけど・・・。

途中からは追走でワイワイ。
普段1人で走らせる事が多い文太さんには刺激的だったようで(w
でもしっかりコースをトレースしてくれたので後追いも楽で楽しむ事が出来ましたヽ(´ー`)ノ

15時の集合で暑い中の走行となり、実質1時間程でしたが結構楽しめました。
最後に記念撮影。

記念撮影。
(左から こもチック・文太さん・文太さんの友達)

次帰省するときはしっかり時間を取ってサーキット遠征でも企んじゃおうかな?なんて。

最後に今回遊んで頂いた文太さんとその友達に感謝 m(_ _)m

関連記事

今度は3Dr。 

最近またボディ製作を始めました。

今回はHPI製AE86レビン。3Drハッチバックの方です。
今TA05フラップコンバで使用しているのがヨコモ製吉岡トレノ(2Dr)ですが、少し変化を付けてみたくてコレにしてみました。

吉岡トレノと比較すると、ボディ幅は少し狭めな様子。
ただ2ミリ程度の差かと思われます。
それ以上に気になるのがポリカの薄さ。ペラペラです。
特にボディ側面はカナリ薄く、完成後はシューグーでかなり補強しなきゃ心配です。

現状はこんな感じ。

現状のレビン。

既にダラダラと8時間程作業してますが、ボディポストの穴あけとカット、それに窓とライト類のマスキングが終わった程度。綺麗に作ろうとして丁寧すぎるようで無駄に時間が過ぎていってます。
しかもマスキングの段取りに失敗した部分があって二度手間になる箇所もあったりで・・・。
今回は3色の塗り分けで墨入れやテールランプも含めると6色使うので完成はまだまだ先ですな。
もっと効率よくマスキング出来れば良いんだけど・・・。

また折を見て製作過程をうpします。

関連記事

記事がパクられました。 

8日日中に投稿した「俺的カウンタードリ理論」の記事内容が、ほぼそのままの形で盗用されてしまいました。

記事をパクってくれたブログのURL ttp://ketukaki.blog46.fc2.com/
(直リンクを貼ると相手に非リンクを与える事になるのでコピペして下さい。)
一応ウェブ魚拓も取っておきました。ウェブ魚拓の内容はコチラから。

オレが自分の言葉で少しでも解りやすくと頑張ってひねり出した文章をこうも簡単に盗用してくれるとは。憤りを覚えます。当然ながら相手のブログに抗議コメントを残してきました。

ka-さんのコメントで気付いたんですが、このコメントが無ければどうなっていたことでしょう。
まったくもって腹立たしいです。

さてさて向こうさんはどう出てくるんでしょうか?

関連記事

俺的カウンタードリフト理論 

最近SNS内でもケツカキ仕様に変更しカウンター走行を練習してる人が多いようなので、ここらで俺的なカウンター走行理論を語ってみようと思います。
あくまで「俺的」解釈なので異論がある場合は随時コメント頂ければ幸いです。
 #ぶっちゃけ「俺的」でも何でもないんですが(;^ω^)
またカウンター走行がまだ出来ない人を対象に語っている事も付け加えておきます。

まずケツカキ仕様にする理由。
多分大抵の人が

「超オーバーステアなセッティングになってカウンターが当てやすくなる為」


と答えるでしょう。

でも俺的には違います。
コレ、裏を返せば等速でも超オーバーステアセッティングにすればカウンターステアが当たるって事ですから。
わざわざケツカキ仕様にしなくとも実現出来ますし、実際等速のドリパケでカウンター走行出来る方もいらっしゃるようですし。

じゃ答えは何なのさ?ってなりますよね。
俺的解釈では

"前後の回転差を付ける事によりフロントタイヤはグリップ状態、リアタイヤはドリフト状態とする事が出来る"


コレだと思います。

一見すると意味不明な文章に思えるでしょう。
でもケツカキ仕様でカウンター走行が出来る人には「なるほど」と理解出来るんじゃないでしょうか。

俺的解釈を解りやすく説明すると・・・まずケツカキ仕様ってのは前後のタイヤに回転差がありますよね?
例えば前後比150%の場合だとフロントタイヤが1回転する間にリアタイヤは1.5回転します。
通常のドリフト走行時はこの1:1.5の比率になりますが、スロットルを徐々に抜いていくとどうでしょう。当然ながらタイヤの回転数は落ちていきますが、前後比が違うのでフロントタイヤが止まるポイントでもリアタイヤは回転しようとします。前述の比率でいくとフロントタイヤが0回転でもリアタイヤは0.5回転する事になりますよね?
この状態を使ってのドリフト走行が「フロントタイヤはグリップ状態、リアタイヤはドリフト状態」です。

ケツカキ仕様のシャーシはコーナーのクリップポイントを過ぎてもカウンターステアを維持しながら立ち上がっていく事が可能ですが、これはこの理論を上手く使っての事です。

では何故フロントタイヤがグリップ状態だとカウンターステアが当たるのか?
理由はドリフト中のシャーシが持つ慣性力を利用し、ステアを切った方向にフロントタイヤを「グリップ状態で転がす」からです。

これは簡単に言うと実車のドリフトと同じ原理。「フロントタイヤはグリップ状態、リアタイヤはドリフト状態」っていうのは実車のFR駆動車のドリフト状態と同じですよね?

カウンター走行のセッティングのひとつに「アッカーマンのゼロ化」を良く聞くと思います。
これはフロントタイヤの転がりを良くする為の事です。
またフロントデフにワンウェイがよく使われるのも転がりが良くなるからです。ボールデフでは駆動が残ってしまいブレーキが掛かってしまいますからね。

以上を基にカウンター走行時の操作方法を簡単に言うと

"スロットルを抜いてリアタイヤをドリフトさせ、フロントタイヤは転がしてカウンターステアを当てる"


と考えても良いと思います。
少し乱暴な言い方ですが、この位ハッキリさせた方がイメージしやすいと思います。

カウンター走行をする方が皆口を揃えたかのようにプロポのTH-EXPOをマイナス方向にセッティングするのは、フロントタイヤがグリップしリアタイヤがドリフト状態になる低速域のスロットルワークに余裕が出来る為です。私もTH-EXPOを-40~-50にセットしています。
TH-EXPOを変更すると格段に操作性が良くなります。まだ変更していない方は一度お試しを。
ミドルクラス以上のプロポでは設定出来ると思います。

今まで手探りでカウンター走行にチャレンジしてた方は、この事を念頭に練習してみてください。
今回書いた事はあくまで基本的な操作方法についてですので、カウンター走行に適したセッティングも重要ですが、セッティングについては俺自身も迷走中なもんで言及しませんが参考になれば幸いです。

関連記事

D-STAGE ZEROで。 

1日土曜の闇練は天候不順の為、D-STAGE ZEROさんにお邪魔しました。

23時前に到着すると常連さん達がBBQで盛り上がってました(w
そのBBQもすぐ片付けられ、常連さん達とSNSメンバーでの走行となりました。

今回の走行で感じたのは路面グリップが少し上がっているような印象。
以前はカーペット路面に塩ビタイヤに近い感覚でしたが、今回はアスファルト路面に塩ビタイヤって感じ。微妙な差ですがね。とは言えアスファルトよりカウンターを維持しやすく面白いのは確か。

ただ走り始めてからすぐ気付いたんですが、リアの巻き込みが悪くアンダーが強すぎ。
ピットに戻ってチェックするとフロントの車高が下がりすぎてる。
はぁ・・・またダンパー抜けてら。
やむを得ずダンパーオイルを継ぎ足してやり過ごす。
車高を調整し直し、リアのリバウンドを1ミリに減らして再度コースイン。

お、少しはマシになってきたかな?
ただ以前よりカウンター量は少ないような。うーん解らん・・・。

そんな中、メンバーが動画&静止画を撮影してくれました。
まずは動画。


この動画を見る限りでは多少なりともカウンター走行が出来ているかな?という感じ。
イン側には切ってませんがカウンター量的には微妙な場面が多すぎ(´・ω・`)
C33ローレルのヒロさんの走りが完璧すぎるだけにオレの走りがかすんでしまいます(w

で静止画。

ZEROでの走行画像。

撮影ポイントでフルカウンターになるよう操作したのでバッチリ(w
タイヤの奥に見えるTRFスペシャルダンパーが素敵です。
ただこの後どこにすっ飛んでいったかは内緒です(゜∀。)ワヒャ

ZEROでの走行は2時で終了。(注:通常営業は21時までです)
その後、撮影された動画を確認すべく、SNSメンバーと最寄りのマクドへ。
そこで動画&静止画を確認後、何故かエロトークに発展(w
気付けば5時前でした(;・∀・)

さて来週(というか今週)は予定ではSNSドリミ。
ただ場所的な問題があるのでどうなることやら・・・。

最後になりましたが今回走行に参加された皆さん、並びにD-STAGE ZEROに感謝m(_ _)m

関連記事

最近の動画をうp。 

ここ最近の動画をいくつかまとめて1つにしてyoutubeにうpしてみました。



カウンター走行修行中なんですがイマイチですね(´・ω・`)ショボーン
もっと精進しないと。

感想聞かせて貰えると喜びます(*´д`*)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。