スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーグル製Cハブ13度を入れてみた。 

最近仕事がホント忙しく、先日のSRDにも参戦出来無いまま。
しばらくラジコンに触れることも無かったのですが、今日になってようやく仕事にも目処が立ち、余裕が出てきたので脱輪したスクドリコンバのメンテがてら、先日注文してたコレを装着してみました。



イーグル製アルミCハブ13度。
今更ながらポジキャンを増やそうと思って。
値段も安価で失敗しても諦めがつく値段だったのもあってポチってしまいました。

早速取り付け。



純正の7度Cハブと比べ、サスピンの取付穴がかなり傾いており、そのためサスアームを少しヤスリで削りました。サスアームがスムーズに動くよう、確認しながら少しずつ削っていきました。

しかし、取付後によーく見てみると、スイングシャフトとCハブがほんの少し干渉してました・・・
Cハブが傾いているからでしょうか?このままでは駆動が重く、まともに走れません(´・ω・`)
対策として、サスアームのスペーサーを前側から2ミリ抜いて後側へ移動。これで何とかクリアランスを確保出来ました。



早速ホイールを取り付け、フルステア時のキャンバー角を確認。



見た目にはあまりポジってませんが、これでも+4度のポジキャンになっています。
ニュートラルステア時でー4度のキャンバー角なので、変化量は8度もあります。
もう少しニュートラルステア時のキャンバー角を起こしてみるのもアリかもしれませんが、少しこの状態で走らせて様子を見たいと思います。

さてうまく走れるのか!?

スポンサーサイト

久々メンテ。 

先日の土曜は夕方の降雨により中止…

でその日はそのまま就寝し、日曜早朝にスクドリコンバのメンテを簡単に行いました。
壊れる前のメンテは久々です(;^ω^)

まずはフロントワンウェイから。



デフケースから取り外し、パーツクリーナーで洗浄。最後にHUDYのワンウェイルーブを注油して完了。
ついでにデフケース内の1510ベアリングも新替。

次はフロントユニバとアップライトのベアリングチェック。
ユニバはバラしてAWグリスを塗って元通りに組み付け。特に問題無し。
アップライトのベアリングは久々なメンテの影響で結構な音がします。ゴリゴリする迄は無く、動きも悪く無いんですがね…
本来なら交換すべきなんでしょうが、31足で1050ベアリングが必要なのに間違って950ベアリングを買い置きしてたもんだから交換出来ず…(;^ω^)

結局ベアリングも洗浄注油して再使用。今度1050ベアリング買った際に交換する事としました。

しかし明るいところでシャーシを見たのが久々だったもんでセンタープーリーの摩耗も発見。



フロント側の13Tプーリーの歯が殆ど残ってません(´・ω・`)
手持ちに在庫が有るわけも無く、ベルトテンションを強目にしてそのまま復旧。ベアリングと一緒にプーリーも買わなきゃ…あぁまた余計な出費が…(´Д` )

ここで作業終了。残りは次回へ持ち越し。
次回はいつ?!

新しいモーター。 

先日のアンビシャスサーキットで壊れてしまったスクドリコンバのブラシレスモーター。

その代替品が届いたので早速交換しました。
今回選んだのはコレ。

イーグル Z-ZONE ブラシレスモーター

イーグルのブラシレスモーターZ-ZONE 7.5Tです。
コレにした理由は

 ・実売4300円程度と安かった
 ・現在のアンプ(Hobbywing Xerun)での動作確認も実証済みだったから
 ・色がライトブルーでシャーシのアルマイトと同色だったから

と、大した理由はありません。
適当にヤフオクで探して検索して調べました。

到着したモーターを開封してチェック。
今までのHobbywing Xerunモーターと比較するとエンドベルが違うようです。

エンドベルを比較

左側が今回購入したZ-ZONEですが、進角する事が出来るようになっています。
またモーター缶はXerunとほぼ同じ感じ。

モーター缶は同じ?

で、付属の説明書ではドリフト用途では進角しない方がダイレクトなフィーリングで良いとの事が書かれていました。
その為、進角させずそのままの状態でシャーシに組込みました。

シャーシへ取付。

ケーブルがやや窮屈な感じですが、そのままで何とかイケました。
取付後のインプレについてはまた別記事にて。

寝落ちからのメンテ。 

昨夜は気温も幾分高く、闇練日和でした。

が、まさかの寝落ち Σ(゚д゚lll)
ラジ仲間からの電話で起きましたが時既に遅し。
みんなゴメンナサイ・・・orz

で、その後そのまま寝るのも何だか悪いような気もしたのでラジメンテ。
放置プレイで駆動が重くなってきたスクドリコンバ君を労ってあげました。



と言ってもフロント周りだけ。
アップライトのベアリングを洗浄注油。やや動きが悪いが次回交換で。
デフ支持の1510ベアリングは洗浄してもゴリゴリが酷く新品に交換。
フロントワンウェイも洗浄してワンウェイルーブを注油。
組み上がった後のタイヤの回りは軽くなりました(*´∀`)

その後、フロントのアッパーアームのロッドエンドを交換。
少しガタが出てたようなんで。
でもステア回りをもう少し見直さないと走行中フルステア時にタイヤがピクピクしちゃうんだよね・・・
原因は解ってるんだけど、時間が有るときに対応するかな?

さて明日はリア側のメンテでもするか。

カナリ久々に 

スクドリコンバのダンパーメンテをしてみました。

最近特に動きが悪くそろそろメンテしなきゃな…と思って。
今日はこれから京都のプロスピード木津まで走らせに行く予定だったこともあり、早起きしてダンパーだけでもと作業開始。

前回のメンテがいつだったかも思い出せない程久々だったので、ダンパーオイルはヨコモの透明なのを入れてたにも関わらず、こんな色に…(´Д` )



オイルを抜いて綺麗に拭き取り。
で、Oリングも交換しようかと思ったものの面倒になったので先送り(;^ω^)
今回はオイルだけを入れ替える事にしてオイルを注入。今回もヨコモのオイルでフロントが600番、リアが300番。



とりあえずこれで少しはマシになるかな?
しかしフロントのユニバもキュルキュル鳴いてるな…これは現地でメンテするか(´Д` )

さてそろそろ出発しますかね(^3^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。